時計のない村とけいのないむら
町から遠く離れた田舎のことであります。その村には、あまり富んだものがありませんでした。村じゅうで、時計が、たった二つぎりしかなかったのです。 長い間、この村の人々は、時計がなくてすんできました。太陽の上りぐあいを見て、およその時刻をはかりま …
作品に特徴的な語句
自分じん なお ぷん ぽう むり 出入でい おそ いそ 時計とかい ただ 状態じょうたい えら 集会しゅうかい なか 今日きょう あお べつ おごそ はじ たい かれ したが はじ あたら にち おさ もち やく くみ おく あいだ あたま たよ 一人ひとり 万事ばんじ のぼ 上等じょうとう うち おつ あらそ 二人ふたり 人々ひとびと 今夜こんや 今年ことし 仕事しごと 会場かいじょう しん 信用しんよう おれ まえ うご 午後ごご 双方そうほう 口々くちぐち しな こま はたけ こわ おお 大事だいじ 大空おおぞら 天道てんとう 太陽たいよう 安心あんしん うち 小言こごと やま かえ 平和へいわ 幾年いくねん みせ かたち あと 得意とくい こころ ねん おも かん はら さが 文明ぶんめい はや