“太陽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいよう65.1%
16.4%
たいやう6.9%
てんとう3.7%
おひさま2.1%
おてんとう1.1%
おてんとさま1.1%
てんと1.1%
あまつひ0.5%
てんたう0.5%
サン0.5%
ソル0.5%
ゾンネ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太陽はまぶしく、銀貨反射しました。みんなは、このをおそれるように後退りをしました。そして、をみはりました。
幸福に暮らした二人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
吃驚したようにあたりを見ながら、夢に、菖蒲の花を三本、なるを手に提げて、暗い処に立ってると、くなって、太陽した。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ると、太陽がキラ/\といての、赤裸めて、一個大輕氣球のまに/\此方つてんでた。
太陽様が黄色く見えて、生汗が背中を流れて、ツクツク魚売人の商売が情無うなります。何の因果でこげな人間に生れ付いたか知らん。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
に描いた太陽の夢を見たんだろう。何だか謎のような事を言ってるわね。——さあさあ、お寝室ごしらえをしておきましょう。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
馬鹿兄弟だ。お前達がそんなことをつてつてるうちに、太陽さまはもうてしまつたぢやないか。』
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
太陽は猛烈に照り付ける。汗は滝のように流れるけれども、そんなことは平気の平左、グングン先に立つ馬車を追越すこと前後合計五台。
二人は夢のようになって抱かれて行きますと、木乃伊の青と赤の着物は雲の中をひるがえりひるがえり、お太陽様も星も月もはるか足の下にして飛んで行きます。
黒い頭 (新字新仮名) / 夢野久作海若藍平(著)
「天気商売をしてゐると初めて太陽様の有難味がわかる。」重役は窓から身を引きらそれに答へた。
手品師 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
彼はきっと、それは太陽接吻されたという意味だと主張した。カリフォルニヤはいつも明るい空の下に、果物がいっぱい実っている。
(新字新仮名) / 池谷信三郎(著)
そして、貴方にきょう「太陽」という題でヴォルフ博士がライカ・カメラで撮った海陸写真集をお送りいたします。