近世快人伝きんせいかいじんでん
筆者の記憶に残っている変った人物を挙げよ……という当代一流の尖端雑誌新青年子の註文である。もちろん新青年の事だから、郵便切手に残るような英傑の立志談でもあるまいし、神経衰弱式な忠臣孝子の列伝でもあるまいと思って、なるべく若い人達のお手本にな …
作品に特徴的な語句
ちん にき コン さかな がや あっ しも 母様かかさん けに 女子こども 左右りょうほう ぶり 往来おおかん 謝罪ことわり 修繕そそく かや 先刻さいぜん 状態わけ 情婦おなご ぬる くら 母親はは 最初さいぜん 手拭てのごい 懐中ふっくら 黄色きんな あた 親爺とっ ちっ 美味うも まじわり 人間もん 面相つらよう 情婦いろおなご 母親かかさん いな 出来でく 自分わし やり やつ 情無なさけの 周章うろたえ 判然わから うと 嘘言ソラゴト おら けだし 露出こっくりだ 全快よう 中心まんなか 中風ちゅうき 他事あと 大変おおごと 仲間かず おお 良久ややしばし かがりび くさ やしな しな 濃厚みご 市場おおはま 眼球めんたま 時代じぶん 生魚しなもの あた 後日しまい ごと ぜぜ みっ じょう しも 酒肴さかな 全身ごたい 昨夜ゆんべ 魚屋やつ 生魚さかな 周囲ぐるり かん 何事なんごと 一時いちどき 怒鳴がみ 絶望つまらん