“仲間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかま56.4%
ちゅうげん36.6%
ちゆうげん2.2%
ちうげん1.3%
あいだ0.9%
つれ0.4%
かず0.4%
グループ0.4%
コオパン0.4%
タワーリシチ0.4%
パル0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道子はいつよりも早目吾妻橋くと、毎夜顔馴染に、やすくなつてゐる仲間女達一人
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
間もなく——もう雀の声が聞かれる頃、ガタン、蔵屋敷のが鳴る、寝不足そうな仲間を持ってく、用人らしい男が出てゆく。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊織が續いて出ると、脇差を拔いた下島の仲間が立ち塞がつた。「退け」と叫んだ伊織の横に拂つた刀に仲間は腕を切られて後へ引いた。
ぢいさんばあさん (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
引込ませる、と出花ふのでもおはさすがに武家女房仲間いたものを無理ようとはしなかつた。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
... お汁物と煮物の仲間のようなもので美味しゅうございますよ」妻君「これからは鯖が沢山出ますから宅でも拵えてみましょう、イナダの餡掛とおっしゃるのは」
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
これからはお仲間が出來まして、こゝに暮らしますのは、どんなに樂しいことでせう。それはねえ、何時でも樂しいには違ひございません。
魚類が売れません。まあ云うてみればこの奥の手を持たん奴は魚売の仲間に這入らんようなもので……ヘヘヘ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これはこの仲間丈けでも申合せれば実行が出来る。
秀才養子鑑 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
願ってもない良い仲間じゃないこと、もし幸い君の頭が、あのひとの頭より少しでもましなら、せいぜい看病してあげたまえ、それこそ同病相憐れむっていうものよ、なにしろ公爵は、大きな遊艇
「夜ひまなとき、わたし、クラブのクルジョークで勉強したいと思ったのです。わたし、ここでほんの一人ぼっちだけど、そこへいけば沢山仲間があります」
赤い貨車 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
この週期的活気・海と陸との呼応・みなとのざわめきによって早くからきょうガルシア・モレノの入船を感づいた僕は、仲間のリンピイから預ったしっぷ・ちゃんをすっかり用意して、それでも