“厩仲間”の読み方と例文
読み方割合
うまやちゅうげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
総督へ献上のとあって、伝吉、彦助と名乗る両名の厩仲間のものがお口取りに選ばれ、福島からお供を仰せつけられて来たとのこと。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それを張番しているのが邸内の馬丁ども(厩仲間)であったがために、そのお屋敷の威光をかさに着て、だんだん増長してきたために、見のがせなくなって
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
幸い、主人、大場石見は大の馬好き、近頃手に入れた「東雲」という名馬、南部産八寸に余る逸物に、厩仲間の黒助という、若い威勢のい男を付けて貸してくれました。