“仲間体”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうげんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹の笠を被って紺看板を着て、中身一尺七八寸ぐらいの脇差を一本差して、貧之徳利を一つ提げたお仲間体の男でありました。
と是から二人ともになだれの崖縁りにかゝると、手拭ですっぽり顔を包み、紺の看板に真鍮巻の木刀を差した仲間体の男が、手に何か持って立ってる様子
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
二人の侍も小平太が門をはいるまでじっと後を見送っていたが、仲間体ではあるし、状箱は持っている、別に胡乱とも思わなかったか、そのままを返して行ってしまった。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)