四十八人目よんじゅうはちにんめ
毛利小平太は小商人に身を扮して、本所二つ目は相生町三丁目、ちょうど吉良左兵衛邸の辻版小屋筋違い前にあたる米屋五兵衛こと、じつは同志の一人前原伊助の店のために、今日しも砂村方面へ卵の買い出しに出かけたが、その帰途に、亀井戸天神の境内にある掛茶 …
作品に特徴的な語句
くださる ぞら なされ まったき つかまつら さげ のがる このみ なんに いわ そら しかれ 乾燥かっぱしゃ ところ さが ある 邂逅めぐりあい しるし しゅう 平常ひごろ あい 何方いずかた むさ みの かばね 相当あいあたり しも 嬰児やや ふくみ かえ ちゅう やつ 支柱つっぱり 原因わけ さん 危殆あぶな 若干そこばく 引懸ひっかけ あそば おく 平生ひごろ どら 阿母おかあ はじ つかまつり むさ しん 灯明あかし かす がえ いさぎ 頸筋うなじ 流謫りゅうたく せん もと みた あり のが 主家しゅうか 虚偽いつわり 筋違すじか 渡船とせん ことわ めぐ きわ いさぎ くびす 可訝けげん うけたま 白金しろかね はや つか 変名へんみょう ないがし あげ あわ 悒々くよくよ はず 人々にんにん 何人なんびと 嫖客きゃく 通達つうだつ 反向はんこう 低声ていせい あず