“平生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へいぜい42.3%
いつも27.1%
ふだん19.4%
ひごろ3.7%
いつ2.6%
つね2.0%
へいせい1.4%
かねがね0.3%
しよつちゆう0.3%
つねづね0.3%
つねひごろ0.3%
へいぜ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから、小僧がものをいう時分には、たぶがくなって、平生でさえ、なんとなく、そのようすがあわれにられたのであります。
初夏の不思議 (新字新仮名) / 小川未明(著)
お種は洗濯物を平生の処へ浸したままで姿が見えなかった。母親は驚いてそのあたりを探して歩いたが、何処にもお種はいなかった。
蟹の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
愛子は縁側から静かにこっちを振り向いて平生と少しも変わらない態度で、柔順に無表情に縁板の上にちょっとをついて挨拶した。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
彼の父は洋筆や万年筆でだらしなくられた言文一致の手紙などを、自分のから受け取る事は平生からあまり喜こんでいなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
或晩、氣弱者のお安が平生になく眞劒になつて、天理教の有難い事を父作松に説いたことを、松太郎は今でも記憶してゐる。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
紋「うむ、今日はお兄上様からお心入の物を下され、それを持参いたしたお使者で、平生の五郎治では無かった、誠に使者太儀
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
敲音なども、平生使い慣れた卓子には早く起り、又諸種の心霊現象も、霊媒自身の居室でやるのが、最も容易に起り易いものである……。
み参らせ候 家政の事は女の本分なればよくよく心を用い候よう平生父より戒められ候事とて宅におり候ころよりなるたけそのつもりにて参らせ候えども何を
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
平生参りたいツて言ふんで御座いますよ、けれども御存知下ださいます通り家の内外、忙しいもンですから、思ふばかりで一寸も出られないので御座いますから、嬢等にもネ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
山又山の奥ふかく分入ると、ういう不思議が毎々あるので、忌々しいからうかして其の正体を見とどけて、一番退治して遣ろうと、仲間の者とも平生申合せているけれども
こんな梅干爺でも平生の心がけがいいからな、神信心をして、嘘をかず、それでみだらな心を起さずさ、だから神様が何時でもお姿を拝ましてくださるのだ、あのお池の中に祭ってござる水神様だ
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
若者は気軽にて平生相撲などの好きなる男なれば、この見馴れぬ大男が立ちはだかりて上より見下すようなるを面悪く思い、思わず立ち上りてお前はどこから来たかと問うに、何の答えもせざれば
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)