“つね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツネ
語句割合
30.2%
20.4%
11.7%
9.8%
平常8.9%
2.2%
2.0%
平生2.0%
1.7%
平時1.4%
平素1.1%
普通1.1%
平日0.8%
常日0.8%
0.8%
常態0.6%
0.6%
日常0.6%
0.3%
0.3%
常居0.3%
常情0.3%
常習0.3%
0.3%
0.3%
恒例0.3%
爪捻0.3%
特有0.3%
習慣0.3%
間雜0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だ勝手な申分であるが、私は正月の元旦といえども、ふだん着のまま寝ころんでいたりして、のままな顔がしていたいのである。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
「あ。そしてね、もし島崎がいい気もちになって、こっちの約束を忘れているようだったら、人のいない所で、お尻をっておやりよ」
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
維新の前、藩侯の通輦あるや、に磁土を途に布きて、その上に五彩を施せしといふ、また以て、窯業の盛なるを想ふに足るべし。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
これが傍に坐し、左の者の傍には、恩を忘れ心なくかつき民マンナに生命へし頃かれらをゐし導者坐す 一三〇—一三二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
平常部屋りかゝる文机湖月抄こてふの果敢なくめてひそふ一睡夕日かたぶくにあほれるし。
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かくて我等はくづれおちたる石をわたりてくだれり、石はならぬ重荷を負ひ、わが足の下に動くこと屡〻なりき 二八—三〇
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
潔癖を持つ事は時に孤独しさが身をむ事もあるが、に、もののイージーな部分にまみれないではっきりとして客観的にものを観察出来て
始て怖気付いてげようとするところを、誰家のか小男、平生なら持合せの黒い拳固一撃でツイが明きそうな小男が飛で来て、銃劒して胸板へグサと。
つても活返つたのぢやが、にしても富山薬売うしたらう、様子ではになつて泥沼に。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
平時に変れる状態を大方それと推察して扨慰むる便もなく、問ふてよきやら問はぬが可きやら心にかゝる今日の首尾をも、口には出して尋ね得ぬ女房は胸を痛めつゝ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
野生へおいで下さりますると、ああもったいない、雛形はじきに野生めが持ってまいりまする、御免下され、と云いさまさすがののっそりも喜悦に狂して平素には似ず
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
磧は黒く醜くなりは黄ばめる普通の沙となれり、見よ見よいかにと告げ知らするに二人は驚き、りて見れば全く父の言葉に少しもわぬ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その日はにも、平日ならば読者の目を驚かせる社会記事が多かった。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
としてす、三ひにやろかとあれば、ほんにれで御座んす、常日さへあるに大晦日といふてははあるまじ、きに可憐さうなれど三ちやんをみます
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
故中村氏等いずれももとは中村屋の屋敷内に起臥し、食卓を共にした人々であり、じつに堂々たる美術家揃いでありました。
と小人の常態とて語気たちまち粗暴くなり、なく言い捨て立たんとするにあわてし十兵衛、ではござりましょうなれど、と半分いう間なく、うるさい、しいと打ち消され
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の御心もちて、御馬に乘りながら、大長谷の王の假宮の傍に到りまして、その大長谷の王子の御伴人に詔りたまはく
真夏の夕暮、室々のへだてのは取りはらわれて、それぞれのところに御簾几帳めいた軽羅らしてあるばかりで、日常居間まで、広々と押開かれてあった。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
才学ならぬ優秀なものとなり、赤染時用という検非違使から大隅守になっただけで別に才学の噂も無い平凡官吏の胤とも思われない。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
子曰く、吾一日に長ぜるを以て(対えずして)むことなかれ、(なんじたち)に則ち(人皆)吾を知らずという、を知りて(用うる)あらば則ち何をかさん。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
文三と意気が合わねばこそ自家常居からいだと云ッている昇如き者に伴われて、物観遊山に出懸けて行く……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
冷遇て冷遇て冷遇抜いている客がすぐ前のッても、他の花魁に見立て替えをされても、冷遇ていれば結局喜ぶべきであるのに、外聞の意地ばかりでなく、真心修羅すのは遊女の常情である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
鍛練に鍛練を重ねても十分につとまるかどうか判らぬとがお能の常習じゃ。そげな卑屈な心掛で舞台に出てもえものと思うてんなさるとな。私の眼の黒いうちは其様な事は許さん。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
郷里の父母の同意を辛うじて得て東京にまり、太平洋絵画研究所に通学して油絵を学び、当時の新興画家であつた中村、斎藤与里治、津田青楓の諸氏に出入して其の影響をうけ、又一方
智恵子抄 (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)
願ふ所心にひてに歓喜を生ぜむ、と。されば宜しく天下の諸国をして各々七重塔一区を敬ひ造り、並に金光明最勝王経・妙法蓮華経各十部を写さしむべし。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
むかしむかし棄老国とばれたる国ありて、其国に住めるものは、自己父母の老い衰へて物の役にも立たずなれば、老人は国の費えなりとて遠き山の奥野の末なんどに駆りつるを恒例とし
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「ああ、発ッてますよ。口惜しいねえ」と、吉里は西宮の腕を爪捻る。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
それへ旧袁紹軍の北兵の勢約七、八万は加えておりますが、もともと被征服者の特有として、意気なく、忠勇なく、ただ麾下についているだけのもの。ほとんど怖るるに足りません
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
嫉妬深い獣の習慣として私と戯れている小猿達を見ると、彼は猛烈に岡焼きして気味の悪い声で吠え立てて威嚇そうとするのであった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
門に進みてに問へば、家にいますは夫人のみにて、目覺めて後は快くなれりとのたまへり。間雜の客をばことわれと仰せられつれど、檀那は直ちに入り給ひてもしからんとなり。