“孤独”のいろいろな読み方と例文
旧字:孤獨
読み方割合
こどく57.9%
ひとり23.7%
ひとりみ5.3%
アインザーム5.3%
ひとりぼつち2.6%
エゴ2.6%
ヒトリ2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さらばといって、あの孤独なかしの幸福で、になるとれてしまうが、はたしてしあわせであるということができるだろうか?
大きなかしの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ですから銀子さん、私の心は決して孤独ではありません、——節操は女性の生命ですもの、王の権力も父の威力も、此の神聖なる愛情の花園を犯すことは出来ません
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
私はいつか千代子と行き会ったかの橋の欄干って、冬枯れの曠野にションボリと孤独寂寥を心ゆくまでに味わうことも幾たびかであった。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
と歌う蕪村は、常に寒々とした人生の孤独を眺めていた。そうした彼の寂しい心は、に火の燃える人の世の侘しさ、古さ、なつかしさ、暖かさ、楽しさを、慈母の懐袍のように恋い慕った。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
今迄その感情の満足をらなかつた男だけに、言ふ許りなき不安が、『男は死ぬまで孤独だ!』といふ悲哀と共に、胸の中に乱れた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
孤独感等を拭ひ去り、楚々たる明快な川瀬に達したかのやうな安らかさを覚えさせるのであつた。
小川の流れ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)