“ひとり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒトリ
語句割合
一人70.3%
12.7%
一個3.2%
2.7%
独身2.2%
単独1.6%
孤独1.1%
一箇0.6%
単身0.6%
0.5%
0.5%
一者0.4%
0.4%
獨身0.2%
自然0.2%
0.1%
單獨0.1%
0.1%
一人者0.1%
一位0.1%
一員0.1%
一婢0.1%
一方0.1%
0.1%
0.1%
單身0.1%
孤児0.1%
孤獨0.1%
採火女0.1%
0.1%
独人0.1%
独居0.1%
独手0.1%
独自0.1%
独酌0.1%
生命0.1%
0.1%
香爐0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従者じゅうしゃ男子だんしのみではこまりますので、一人ひとり腰元こしもとにも乗馬じょうば稽古けいこいたさせました。
その夫婦ふうふのしうちがくはぬとつて十何年なんねんまへから一人ひとり此處こゝんでるらしい
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
殊に最初はおとなしい馬へ乗せ、先輩の人に口を引いて歩かせてもらうのが、私よりも小さい少年がひとりで馬を走らせているに較べて甚だ見苦しく感じた。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
今つくねんと影法師相手にひとり見る事の面白からず、栄華をたれと共に、世も是迄これまでと思い切って後妻のちぞいもらいもせず
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
如何いかにも古風こふうらしい一個ひとり英國人エイこくじんつてつたが、この活劇ありさまるより
懊惱あうなう煩悶はんもんして居ると、一夜、ゆめ一個ひとり風采ふうさい堂々だう/\たる丈夫ますらをあらはれて
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ひとりでゐれば洪水こうずゐのやうになみだも、まじらふものがあれば堰止せきとむることも出來できるものと
……然し、此悲しきお利代の一家にも、思懸けぬ幸福が湧いて來た! 智惠子は神の御心に委ねた身乍らに、ひとりぼツちの寂しさを感ぜぬ譯にいかなかつた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
『あれ、少許ちつと其様そんな話は聞きやせんでしたよ。そんならむこさんが出来やしたかいなあ——長いこと彼処あすこの家の娘も独身ひとりで居りやしたつけ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
治「左様でございますか、しかし未だお若いのにお独身ひとりいらっしゃるのはおしい事で、まだ殿様は四十代でいらっしゃいましょう……へえ頂戴致します」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
単独ひとりで話をするとは、覚悟をめたね。その志に免じて一條ひとくさり聞いてやろう。その代りたばこを一本。……」
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やれ大旦那が失敗したから、若旦那には学問は無用だことの、やれ単独ひとりで都会に置くのは危いことの、種々な故障が薬方の衆から出た。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「で、叔父さん、Uさんが言うには、考えて見れば橋本さんも御気の毒ですし、ああして唯孤独ひとりで置いてもどうかと思うからして、せめて家族の人と手紙の遣取やりとり位はさせてげたいものですッて」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「昔」を負うて孤独ひとりの路を喘いでゐる僕は乾涸ひからびた朽木のやうな侘びしさに溺れてしまふ。
海の霧 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
娘は、やっと縁をのぼって座敷へ通ると、そこに病人でもあるように、蒲団ふとんの上に横たわっていたのが、いま半身を起き直しているところの、一箇ひとりの男の枕辺に坐ると、
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
はすでに十一時に近づきぬ。かわら凄涼せいりょうとして一箇ひとり人影じんえいを見ず、天高く、露気ろきひややかに、月のみぞひとり澄めりける。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『こんなことでは本当ほんとう修行しゅぎょうにもなんにもなりはしない。気晴きばらしにすこ戸外おもてましょう……。』とうとうわたくし単身ひとりたき修行場しゅぎょうばかけ
拝謁おめみえかなわざればとて、苦桃太郎単身ひとりして
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
日はふるへてゐる、ひとりぼつちで……
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
宮は何時いつまでここに在らん、我は例のひとりなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ひとりでに可笑しくさえなる余裕があった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
不安は彼の足をひとりでにはやめさせた。物に追われるような眼いろを持って、その眼は又、妻の姿を探し歩いた。
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ちその一者ひとりは、善意よきおもひもどる者なき處なる地獄より骨に歸れり、是抑〻そも/\生くる望みのむくいにて 一〇六—一〇八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
この時一者ひとりトスカーナのことばをきゝてうしろよりよばゝりいひけるは、くろずめる空をわけてはせゆく者等よ、足をとゞめよ 七六—七八
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
但しほか嗣子よつぎについてはかくいひがたし、ヤーコモとフェデリーゴ今かの國を治む、いと善きものをばそのひとりだに繼がざりき 一一八—一二〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そのひとり斯く我にいへり、また若しこの時新しき物現はれて心をひくことなかりせば、我は既にわが身の上をあかせしなるべし 二五—二七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
早く妻子に死別れて獨身ひとり生活ぐらしをして居た自分の伯父の一人が、窮迫の餘り人と共に何か法網に觸るる事を仕出來したとかで、狐森一番戸きつねもりいちばんこに轉宅した。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「忙しい時は、掃除も手傳へば、飯も炊くよ。よく見習つて置くが宜い。お前も何時までも獨身ひとりぢやあるめえ、あんまり女房に骨を折らせるばかりが、男の見得ぢやないよ」
幾千の弓張ゆみはり提灯の上を神輿みこし自然ひとりで動くやうに見えて四方に懸けた神鏡しんきやうがきら/\として通つたあと二三十分で祭の街は死んだやうに静かになつて、海の風がを送る。
住吉祭 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
ゆびゆびとはのみたうとして自然ひとりうごく——ときなるかな
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
思考おもいに沈んでいたひとりが静かに問うた。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「うん」とこたえたぎり、ひとりは見向きもしない。するとひとりは巻煙草を出して、
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
渓流たにがわの音が遠く聞ゆるけれど、二人の耳には入らない。ひとりの心は書中しょちゅうに奪われ、ひとりは何事か深く思考おもいに沈んでいる。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それでは、稻妻いなづま私共わたくしどもわかれて、單獨ひとりで、このさびしい、おそろしいやまえて、大佐たいさ叔父おぢさんのいへへお使者つかひくのですか。
『あら、父君おとつさん單獨ひとり何處どこへいらつしやつたの、もうおかへりにはならないのですか。』と母君はゝぎみ纎手りすがると春枝夫人はるえふじん凛々りゝしとはいひ
こたへて、かれが『うむ、いよ/\ちがひない、船幽靈ふなゆうれいメー。』と單獨ひとりでぐと/\何事なにごとをかつてるのをながしながら
甲乙ふたりは無言で煙草を喫っている。ひとり書籍ほん拈繰ひねくって故意わざと何か捜している風を見せていたが、
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
左様そうサね、僕は忘れて了った。……何とか言ったッけ。」とひとり書籍ほんを拾い上げて、何気なにげなく答える。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
渓流たにがわの音が遠く聞ゆるけれど、二人の耳には入らない。ひとりの心は書中しょちゅうに奪われ、ひとりは何事か深く思考おもいに沈んでいる。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「それは御無理はありません。七年も八年も奥さんのおあんなさった方が急に一人者ひとりにおなんなすったのでは。誰れか一人楽しみがなければつまりません」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
新約聖書はいう「それ神は一位ひとりなり、また神と人との間には一位の仲保あり、すなわち人なるキリストイエスなり」と(テモテ前書二の五)。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
『自分だつて社会の一員ひとりだ。自分だつてひとと同じやうに生きて居る権利があるのだ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
一体全体奥様の、今日の外出が、奇体じやないか。いつもは旦那と御一所か、さなくば朝を早く出て、退庁前には帰るのが、尻に敷くには似合はない、お定まりの寸法だに。今日に限つて、出時も昼后、供は一婢ひとりを、二婢ふたりにして、この間の今日の日に、お前ばかしを残すのは、よほど凄い思わくが、なくては、出来ぬ仕事じやないか。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
……石段下のそこの小店のおばあさんの話ですが、山王様の奥が深い森で、その奥に桔梗ヶ原ききょうがはらという、原の中に、桔梗の池というのがあって、その池に、お一方ひとり、お美しい奥様がいらっしゃると言うことですが
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どんなにこのやまうえに一ひとりっているのではさびしいでしょうね。しかし、忍耐にんたいをしなければなりません。わたしは、また、きっと、もう一ここへやってきますよ。それまでは、達者たっしゃでいてください。
山の上の木と雲の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
何の政化を修め能く此の道をいたさむ。頃者このごろ年穀ねんこく豊かならず、疫癘やくらいしきりに至り、慙懼ざんくこもごも集りて、ひとりらうしておのれを罪す。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
單身ひとりして王城わうじやういたらしめ、桃太郎もゝたらう
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「レエヌさんは、孤児ひとりになってしまったわけね」
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
かよわくて御國みくにはぐくむ歌もなし身は孤獨ひとりにてよる胸もなし
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
その發明はつめい軍機上ぐんきじやう大秘密だいひみつとして、我國わがくににのみひとりにあり、他邦たほうには到底とうているべからず
餉台ちゃぶだいは奥の間へ持って行かれたし、母が先生のそばへつききりなので彼は台所の畳の上で独人ひとりあてがわれたやっこい方の御飯をよそって食べ始めた。
(新字新仮名) / 横光利一(著)
窓をすかして、独居ひとりの時、かの可哀あわれこけいたる青楓の材を見れば、また姉上の憂目を訴えたまいしがごとく思われつつ、心いたく惑いてつむりの苦しきが、いずれか是なる、いずれか非なる。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
愚老事者。近年他にことなる御したしみにて候故、今もまことしからす、御国に御座候て、不日に御参府も候様におもはれ、さても/\と俄に又驚様おどろくさまにて、独手ひとりを打事まてにて候。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の仕事はもう彼独自ひとりの生活となっていた。
土地 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
大「いや独酌ひとりで飲んでもうまくないから、貴様と打解けて話をしようと思って」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
処刑死をおそれし夢よ覚悟なくいまある生命ひとり独りいとしむ
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
それは自分の不心得からあんな罪にも陥ちたのだけれど、実を謂へば、高利貸のわなかかつたばかりで、自分の躯には生涯のきずを付け、ひとりの母親は……殺して了ひ、又その上に……許婚いひなづけは破談にされ、……こんな情無い思を為る位なら
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
夜殿よどの香爐ひとりのかをり高に、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)