“ひとり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒトリ
語句割合
一人70.3%
12.8%
一個3.3%
2.7%
独身2.1%
単独1.5%
孤独1.0%
一箇0.7%
単身0.6%
0.5%
0.5%
一者0.3%
0.3%
獨身0.3%
自然0.2%
0.1%
單獨0.1%
0.1%
一人者0.1%
一位0.1%
一員0.1%
一婢0.1%
一方0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
單身0.1%
孤児0.1%
孤獨0.1%
採火女0.1%
0.1%
独人0.1%
独居0.1%
独手0.1%
独自0.1%
独酌0.1%
生命0.1%
0.1%
香爐0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他の一人は帽子が飛ぶと同時に飛んだ帽子の事だけ考へて、夢中になつてそのを追ふ。自転車にぶつかる。自動車にかれかかる。
拊掌談 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
親類の子供もわたくしの家には寄りつかないようになっているから、今では結局るものはない。ただ恐るきは操觚の士である。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
が、縁者の一個殉職などは取るに足りません。憂うるところは、これが天下に及ぼす騒乱のをなしては一大事と存ずるのです。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
有仰れば、女だツて仍且うでございませうよ。出來る事ならでゐた方が幾ら氣樂だか知れやしません。」とにいふ。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「さあ、四十位? と思いますが……まだお独身で、快活なお方ですから、キャプテンよりもむしろ奥様や洋吉様とお親しい様子で……」
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
仮令我輩が瀬川先生を救ひたいと思つて、単独焦心つて見たところで、町の方で聞いて呉れなければ仕方が無いぢや有ませんか。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
は、平常孤独で、不平ばかりいっているかしのれにったのでありましょう。そのやさしい、ぐんだつきで、こんもりとずんだらしていましたが
大きなかしの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
親のない孫と、子のない祖父の外に、此一軒家にはモ一箇の活物がゐた。それはお雪より三倍も年老つた、白毛の盲目馬である。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「ありがとう、それで何もかもわかった。ヨシ子が駄々をこねて、単身で佐賀へ行きかけたのは、どうも少々オカシイと思ったが……そこいらの消息を薄々感付いたんだナ」
空を飛ぶパラソル (新字新仮名) / 夢野久作(著)
われとなりぬ。君の御前でては、更に新らしきわが身のして
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
不安は彼の足をでにめさせた。物に追われるような眼いろを持って、その眼は又、妻の姿を探し歩いた。
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この時一者トスカーナのをきゝてうしろよりよばゝりいひけるは、める空をわけてはせゆく者等よ、足をとゞめよ 七六—七八
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
但し嗣子についてはかくいひがたし、ヤーコモとフェデリーゴ今かの國を治む、いと善きものをばそのだに繼がざりき 一一八—一二〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「忙しい時は、掃除も手傳へば、飯も炊くよ。よく見習つて置くが宜い。お前も何時までも獨身ぢやあるめえ、あんまり女房に骨を折らせるばかりが、男の見得ぢやないよ」
幾千の弓張提灯の上を神輿自然で動くやうに見えて四方に懸けた神鏡がきら/\として通つた二三十分で祭の街は死んだやうに静かになつて、海の風がを送る。
住吉祭 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
渓流の音が遠く聞ゆるけれど、二人の耳には入らない。の心は書中に奪われ、は何事か深く思考に沈んでいる。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「うん」とたぎり、は見向きもしない。するとは巻煙草を出して
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それでは、稻妻私共れて、單獨で、しい、ろしいえて、大佐叔父さんのへお使者くのですか。
單獨んでた。いて妄念打消さんとて大手つて甲板した。
渓流の音が遠く聞ゆるけれど、二人の耳には入らない。の心は書中に奪われ、は何事か深く思考に沈んでいる。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
左様サね、僕は忘れて了った。……何とか言ったッけ。」と書籍を拾い上げて、何気なく答える。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「それは御無理はありません。七年も八年も奥さんのおあんなさった方が急に一人者におなんなすったのでは。誰れか一人楽しみがなければつまりません」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
新約聖書はいう「それ神は一位なり、また神と人との間には一位の仲保あり、すなわち人なるキリストイエスなり」と(テモテ前書二の五)。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
『しかし、其が奈何した。』と丑松は豆畠の間の細道へさしかゝつた時、自分で自分を激厲ますやうに言つた。『自分だつて社会の一員だ。自分だつてと同じやうに生きて居る権利があるのだ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
今日に限つて、出時も昼后、供は一婢を、二婢にして、この間の今日の日に、お前ばかしを残すのは、よほど凄い思わくが、なくては、出来ぬ仕事じやないか。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
……石段下のそこの小店のおさんの話ですが、山王様の奥が深い森で、その奥に桔梗ヶ原という、原の中に、桔梗の池というのがあって、その池に、お一方
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ああ、まっすぐないいだこと。にも、にもれないで、よくちましたね。ほんとうにい、雄々しいですこと。どんなにこのに一っているのではさびしいでしょうね。
山の上の木と雲の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
これを知るものは、秋山警部長の夫人蔦子であった。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
頃者年穀豊かならず、疫癘りに至り、慙懼集りて、してを罪す。を以て広く蒼生景福を求む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
單身して王城らしめ、桃太郎
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「レエヌさんは、孤児になってしまったわけね」
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
かよわくて御國はぐくむ歌もなし身は孤獨にてよる胸もなし
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
震天動地軍事上大發明をなして、發明軍機上大秘密として、我國にのみにあり、他邦には到底るべからず、歐米諸國あるりは
餉台は奥の間へ持って行かれたし、母が先生のへつききりなので彼は台所の畳の上で独人あてがわれたやっこい方の御飯をよそって食べ始めた。
(新字新仮名) / 横光利一(著)
窓をして、独居の時、かの可哀いたる青楓の材を見れば、また姉上の憂目を訴えたまいしがごとく思われつつ、心く惑いての苦しきが、いずれか是なる、いずれか非なる。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
近年他にことなる御したしみにて候故、今もまことしからす、御国に御座候て、不日に御参府も候様におもはれ、さても/\と俄に又驚様にて、独手を打事まてにて候。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼の仕事はもう彼独自の生活となっていた。
土地 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
大「いや独酌で飲んでもうまくないから、貴様と打解けて話をしようと思って」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
処刑死をおそれし夢よ覚悟なくある生命独りしむ
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
高利貸のつたばかりで、自分の躯には生涯のを付け、の母親は……殺して了ひ、又その上に……許婚は破談にされ、……こんな情無い思を為る位なら
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)