“一人者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとり50.0%
ひとりもの50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一人者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それは御無理はありません。七年も八年も奥さんのおあんなさった方が急に一人者ひとりにおなんなすったのでは。誰れか一人楽しみがなければつまりません」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
よしや自分が一人者ひとりものであったとしても、どうも喜助のような心持ちにはなられそうにない。
高瀬舟 (新字新仮名) / 森鴎外(著)