“一人娘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひとりむすめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一人娘”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかも不思議なのは、何もあの男が一人娘ひとりむすめの斷末魔を嬉しさうに眺めてゐた、そればかりではございません。
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
母親は早くからなくして父親育ての一人娘ひとりむすめなので、はたがかえってさびしい娘に見るのかも知れない。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)