地獄変じごくへん
堀川の大殿樣のやうな方は、これまでは固より、後の世には恐らく二人とはいらつしやいますまい。噂に聞きますと、あの方の御誕生になる前には、大威徳明王の御姿が御母君の夢枕にお立ちになつたとか申す事でございま …
作品に特徴的な語句
嘆息ためいき 無躾ぶしつけ 夢現ゆめうつゝ 苔蒸こけむ ひろ しとみ いなづま 中空なかぞら 水干すゐかん 指貫さしぬき はだか 半時はんとき 空嘯そらうそぶ 業火ごふくわ 直衣なほし 午睡ひるね 雪解ゆきげ ながえ ふで かゝは まぶた 驀地まつしぐら 無益むやく 異形いぎやう 磐石ばんじやく 大粒おほつぶ 傀儡くぐつ 強力がうりき けもの 空耳そらみゝ 壁代かべしろ 怪鳥けてう うちぎ くろがね ころ 大宮人おほみやびと 殿上人てんじやうびと もがさ 煬帝やうだい 白馬あをうま 眞紅しんく しぢ じれ よそほひ 牛頭ごづ いかめ 揉烏帽子もみゑぼし 吐出はきだ 放免はうめん 命乞いのちごひ むごた しぶき 曹司そうじ をのゝ 横川よがは 赤裸あかはだか 半空なかぞら 車蓋やかた 陰陽師おんみやうじ 循環めぐり 慣例しきたり めくば 陸奧みちのく 馬頭めづ みてぐら すばえ 一下ひとおろ 下簾したすだれ 猛火まうくわ なまめか 金岡かなをか 仕損しぞん 大神おほかみ 暗打やみうち 神巫かんなぎ あつま 性得しやとく 大小言おほこごと 大殿油おほとのあぶら 檳榔毛びらうげ 煤臭すゝくさ 冥官めうくわん 立居振舞たちゐふるまひ 不承無承ふしようぶしよう 御歿おな 大饗おほみうけ 相不變あひかはらず 耳木兎みゝづく 袖格子そでがうし 辻冠者つじくわんじや 釵子さつし 所由いはれ 御靈ごりやう 圓座わらふた 小女房こねうぼう 氣負きお
題名が同じ作品
地獄変 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)