地獄変じごくへん
堀川の大殿樣のやうな方は、これまでは固より、後の世には恐らく二人とはいらつしやいますまい。噂に聞きますと、あの方の御誕生になる前には、大威徳明王の御姿が御母君の夢枕にお立ちになつたとか申す事でございますが、兎に角御生れつきから、並々の人間と …
作品に特徴的な語句
よこしま ぢき かう じれ おろ けし むごた いましめ 生死しやうじ なまめか 仕損しぞん 白馬あをうま さむらひ とほる たゞ すばえ おごそか くれなゐ わらは もがさ 髑髏されかうべ さいな ぎぬ 横川よがは しぢ 曹司そうじ しゆ うづくま おごそ 釵子さつし 性得しやとく かゝは 老爺おやぢ おびや まばら 猛火まうくわ よそほひ びつこ をのゝ あわたゞ おろか 怪鳥けてう くろがね かわ みてぐら 冥官めうくわん ねたみ あめ 大饗おほみうけ つぶさ たましひ たぐひ いかめ 命乞いのちごひ 仰向あふむ かたくな あか 牛頭ごづ 驀地まつしぐら 煬帝やうだい 煤臭すゝくさ 馬頭めづ 傀儡くぐつ 異形いぎやう たぎ 水干すゐかん をり 可笑をか 直衣なほし 顏貌かほかたち 業腹ごふはら 業火ごふくわ しん 仰有おつしや 松明まつ うな あぎと あへ みす 黄金きん 金岡かなをか くび いなづま 放免はうめん 強力がうりき 一下ひとおろ 大神おほかみ 循環めぐり くさり しろがね 空耳そらみゝ 大粒おほつぶ
題名が同じ作品
地獄変 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)