“裝”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
よそほ38.6%
よそ20.5%
よそほひ15.9%
なり13.6%
6.8%
よそひ2.3%
よそふ2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は長らくしく私を見詰めた。私は彼から眼をそらして、火の方を見詰めて、靜かな、落着いた樣子をひ保たうとつとめた。
眞中卓子んで、入亂れつゝ椅子けて、背嚢かず、つけたまゝ、大皿つた、握飯赤飯煮染をてん/″\につてます。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ガラツ八が飛込んで來たのは、もう日射しの秋らしくなつて、縁側の朝顏も朝々の美しいが衰へかけた時分の事でした。
子供にだつてあまり非道いをさせて出したくもありませんから子供達に宛てた金はみんなそのために使つてしまひますし。
人形の家 (旧字旧仮名) / ヘンリック・イプセン(著)
蕎麥、お汁粉一寸ると、一ぜんではまず。二ぜんは當前。だまつてべてれば、あとから/\つきつけ習慣あり。古風淳朴なり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
かくく我等をふ、我等再びその前を過ぐるまでには傷すべてふさがればなり —四二
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)