雪霊続記せつれいぞくき
機會がおのづから來ました。 今度の旅は、一體はじめは、仲仙道線で故郷へ着いて、其處で、一事を濟したあとを、姫路行の汽車で東京へ歸らうとしたのでありました。——此列車は、米原で一體分身して、分れて東西へ馳ります。 其が大雪のために進行が續けら …
作品に特徴的な語句
尖端とつたん つゝ 寂寞さびしさ 宛然そつくり おほき ふん ゆるし うへ 矢張やつぱ ひつ くわつ たう 頭突づつ しま こえ まつ めしひ ばゞ おほ うも あやぶ まへ ぷん こほ 凍死とうし いたゞき あひだ とざ 一片いつぺん つらな とほ とほ たづ みづか ねむ ぢい ちゝ はう 故郷こきやう 思出おもひで すく いへ むき 一事あるよう りう たましひ はし ひゞ じう かさな おこ ゆる よそほひ 蘇生よみがへ 茫然ばうぜん いら むらが よね あを まばら とま 爺婆ぢいばあ 泡沫あわ 死力しりよく これ やな 旅舍りよしや 旅宿りよしゆく なゝめ すう はづ 心臟しんぞう こゝろ いたづ そこひ ともゑ おのれ 山脈さんみやく 家名いへな だい あつ うづ 吹雪ふゞき すひ つゝ れつ なに 使つかひ 一行いつかう たふ はひ
題名が同じ作品
雪霊続記 (新字新仮名)泉鏡花 (著)