“衝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
79.3%
5.5%
しょう4.1%
あた2.5%
つッ1.6%
つい1.4%
つか1.1%
つつ0.8%
つき0.6%
0.6%
しよう0.5%
つっ0.5%
つゝ0.5%
0.3%
うっ0.2%
せう0.2%
つツ0.2%
ぶつ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驚きの声が、多勢の口をいて出ました。井戸の底にあるのは、——たる大判小判?——いやそんな生優しいものではありません。
清八も、お絹も、縁側から覗く善兵衞も、娘のお冬も、庭に突つ立つて居る下男の友吉も、嚴肅なものにたれて默つてしまひました。
「君のことだから、出来る限りは便宜を計りますよ。イヤ、捜査に関することなら、僕の方でそのに当りますよ。だが、一体何です」
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
のみならず、陸上の倉庫へ突きり、運搬の時間を食らい、腐敗する上に於ては最も都合よき実物となって横たわり出したのだ。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
横にねて、ずりる子供の重みで、するりと半纏の襟がると、肩から着くずれがして、を一文字にと引いた、のような肌が。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
河野の姿が、横ざまに飛んで、あたふた先へ立ってを開いて控えたのと、擦違いに、お妙はと抜けて、顔に当てた袖を落した。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼は余りに急いだため、余りに夢中であつたため、丁度その時、上から降りようとした人に、烈しくつてしまつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
そのままと膝を掛ける、と驚いて背後へ手をく、葛木のせたに、片袖当ててを投げて
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
魯威インドにふ時は、東洋の諸国自から漸々その害を蒙らざるを得ず。此時に至らば米国は直に“カナダ”を奪ひ、海軍を以て英の“アイルランド”をて之を取るべし。
黒田清隆の方針 (新字新仮名) / 服部之総(著)
広巳は狂人のようにを飛びだした。飛びだすひょうしに体が障子につかって大きな音をたてた。定七は驚いて広巳をつかまえようとしたが及ばなかった。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
南無三寶した。ぶく/\のし/\と海坊主。が——あゝ、元來懸念した。にあたつたり。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「もう、私は、」とりかねたか、早瀬の膝をハタと打つと、赤らめた顔を手巾で半ばいながら、茶店を境内へと出る。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
仲の善い夫婦で、思いに思った仲でございますから、おを食べても物をき合って食べるが面白いという間柄です。三八も馴染だから
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
やゝもすれば彼の顔に打つかつたが、そんなことには元来頓着ない彼であつた。
医者と赤ン坊 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
死と生とて詩が湧く生が咲
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
金太郎はに、一切のことをかに話して、自分とその人とが同じ危状態にあつたことを現在世中で自分だけが知つてゐるといふこの祕密から、いちはやく解されたい動をうけた。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
といひかけてち、つか/\と足早土間りた、のこなしが活溌であつたので、拍手黒髪いたまゝれた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
慌ただしい率八の跫音が、どどどどッと来て納屋の外へかったかと思いますと
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)