雨ふりあめふり
一瀬を低い瀧に颯と碎いて、爽かに落ちて流るゝ、桂川の溪流を、石疊で堰いた水の上を堰の其の半ばまで、足駄穿で渡つて出て、貸浴衣の尻からげ。梢は三階の高樓の屋根を抽き、枝は川の半ばへ差蔽うた槻の下に、片手に番傘を、トンと肩に持たせながら、片手釣 …
作品に特徴的な語句
がは かゝり ころば おつ しよう 配合はいがふ たわゝ 毛布まうふ なほ かたじけね たつ じつ をり 行程ゆき 眞向まむかう ゆき まづ ゑみ 出入ではひ 彼方あつち かをり あゆみ 筋向すぢむかひ ひつ かゝ 十分じつぷん あら うへ にほ しはぶき 乘込のりこん 其方そつち づら 浴客よくきやく まへ しやう あやぶ おもんぱかり 居合ゐあ 同行いつしよ 寂寞ひつそり 大船おほふな をしへ ざい 惡臭わるくさ 入交いれまじ おこな おほ 光景くわうけい さゝ をんな はう おく さかり とほ 一齊いつしよ 頬被ほゝかぶり 突立つツた はさみ 間違まちがひ 見參けんざん あひだ ならひ 片頬かたほゝ 山中さんちう 呪詛のろひ 遠方ゑんぱう 打出うちい 宿しゆく 小濱こはま あかる ちひ しよ 可笑をかし ことづ おこ それ 客人きやくじん 調しら みと 笑方ゑみかた 章句もんく 立掛たちかゝ 柔軟やはらか これ 露呈あらは 道者だうじや めう ごふ ぶん たづ 道理だうり つゝ