“突立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つった54.6%
つッた13.8%
つゝた9.9%
つツた7.9%
つきた6.6%
つつた2.0%
つったち1.3%
つったっ1.3%
つきたて0.7%
つきたっ0.7%
つきだ0.7%
つッたッ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして「御気の毒ですが、ただいま来客中ですからまたどうぞ」と云って、敬太郎の前に突立っていた。敬太郎も少しむっとした。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私がのっそりと突立ったへ、女の脊筋ったようになって、右に左に、肩をると、居勝手が悪く、白い指がちらちら乱れる。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
く、んで、れると、足代突立つて見送つた坊主は、背後から蔽覆さるく、なるつてえた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
やあだ。しい石灰だ。だ。三階があるぜ、浴衣ばかしの土用干か、夜具眞赤な、棧橋突立つてら。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
杖を突立て/\、辿々しく下闇いてりて、城のへ去るかと思へば、のろく後退をしながら、茶店に向つて、と、立直つて一息く。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
自分は海岸通りのホテルに茶菓つた、汽車で東京に帰つた。人家の屋根の上には梅毒の広告が突立つてゐる大きな都会。
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
よしや我身の妄執り移りたる者にもせよ、今は恩愛、迷わぬ立帰る珠運になす妖怪、いでいで仏師が腕の、恋も未練も段々切捨くれんと突立
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
日の光りを透さずに、枝と枝とがえて、空を塞いでいる。白い幹が赤い幹と交って突立ているのが目に入った。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
取なとるゝに忠右衞門殊勝にも然らば父上御免をり御先へ切腹仕つり黄泉露拂ひ致さんとよくも短刀を兩手に左の脇腹へ既に突立んとする折柄廊下
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
太い、黒い烟突が二本空に、突立ていた。その烟突は太くて赤錆が出ているばかりでなく、大分破れて処々にあいている。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ト云ッてスコシ胸を突立して、儼然として
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
芸を仕込めば物覚えが悪く、其の上感所が悪いもんだから、のせいで私は幾つったか知れません、を習わせれば棒を呑んだ化物を見たように突立てゝしょうが無かったのを
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)