“孔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あな94.8%
こう2.3%
めど1.7%
はなは0.6%
ピンク0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太吉は全く火の燃え付いたのを見て、又の竹を取り上げて小刀でを明けめた。白いな粉がばらばらと破れた膝の上に落ちる。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
壁の下部に排水がありますから、そこから海水を押出すのです。ああここに工事のあらましを書いた図面がありますから、これをごらんなさい
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
アイヌの郷土細工の糸巻から、弟の着物と似合ひの色糸を見付けて、針のへ通した。それからいかにも物馴れた調子でびをひにかゝつた。
過去世 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
又王が孝孺を送るの詩に、士をだ多し、我は希直を敬すの句あり。又其一章に
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ロミオ では、舞踏靴名譽なものぢゃ、此通だらけぢゃによって。