“はなは”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハナハ
語句割合
92.1%
4.5%
1.5%
0.6%
0.4%
0.2%
0.2%
太甚0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りと、本校の恩人大隈公は余を許してその末に加わらしめ、校長・議員・幹事・講師諸君もだ余を擯斥せざるものの如し。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
公子夫婦の心なる、既に好き聽衆とすべきならぬに、今又此毒舌の翁を獲つ。我が本讀の前兆はだ佳ならざるが如くなりき。
今日まで私はだ都合のいことを考へて居た。自分の目的は目的として置いて、衣食の道は別にするやうな方針を取つて来た。それが自分の目的に一番つたことだと信じて来た。
突貫 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
容貌も亦美し、だ美しと傳へらる。汝は筆を載せて從ひ來よ。若し世人の言半ばならんには、汝が「ソネツトオ」のを盡すも、これに贈るに堪へざらんとす。
 清光 えに照らす うの人〕
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
だしい迄に楊花を詠った理由を知ったが、北支へ来て青島(大連へ来る前に僕は青島へも立ち寄ったのだよ)
赤げっと 支那あちこち (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
吾人は実にこの点において、彼らが太甚だ相類するを認め、而して後の志士たる者、これについてむる所あらんことをわざるを得ず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
又王が孝孺を送るの詩に、士をだ多し、我は希直を敬すの句あり。又其一章に
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
二に曰く、く三宝を敬へ、三宝はなり、則ち四生、万国の極宗なり。の世何の人かを貴ばざる。人しきものし、く教ふるをもて従ひぬ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)