突貫とっかん
私は今、ある試みを思ひ立つて居る。もし斯の仕事が思ふやうに捗取つたら、いづれそれを持つて山を下りようと思ふ。けれども斯のことは未だ誰にも言はずにある。 今日まで私は酷だ都合の好いことを考へて居た。自分の目的は目的として置いて、衣食の道は別に …
作品に特徴的な語句
たゞち かう しまひ うづも しよ 戦慄みぶるひ よそ よし あやふ くつがへ かへりみ うも 尋常たゞ 心地こゝろもち とま 真実ほんたう 眼前めのまへ 群集ひとごみ はなは まづ 水勢みづせ くゞ 笑話わらひばなし せい みづか おほ をど あひだ 今日けふ せん すさ 周囲まはり 奈何どう 左様さう ふり ぬる みん のが くつが おぶ 阿爺おやぢ 一人いちにん 三進さつち 二進につち きずつ 叔母をば 吹聴ふいちやう 喇叭らつぱ 外套ぐわいたう よこ 寒気かんき 尖端さき だけ 川上かはかみ 床場とこば 所詮しよせん 斯様こん 昨日きのふ 最早もう 本町ほんまち 桜井さくらゐ 水瀬みづせ いづみ やうや すゝ たゞ をひ 相図あひづ 真実ほんと 眩暈めまひ 矢張やはり たま 筒袖つゝそで からだ 錯々せつせ くは 際涯はてし おと 飯山いひやま うづら 一頃ひところ のぼ 下婢かひ 不図ふと うち しま 今日こんにち 伽話とぎばなし 何処どこ 何卒どうぞ 余程よほど