“錯々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せっせ50.0%
せつせ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何にってもいような金が二百円ばかりあった。彼女の為とあらば、錯々と働いて得た報酬も惜しくない。どうかしてその金を費おうと思った。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
二人は腰に差した鎌を取出して、時々鍬に附着する土を掻取って、それから復た腰をめて錯々とやった。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その板の間の片隅にが置いてありました。私が表の方から古い大きな門を入つて玄關前の庭に遊んで居りますと、母が障子の影に腰掛けて錯々の音をさせたものでした。
例の窓からは往來を隔てゝ時計屋の店頭が見えます。白い障子の箝硝子を通して錯々と時計を磨いて居る亭主の容子が見えます。その窓の下へは時折來て聲を掛ける學校の友達もありました。