千曲川のスケッチちくまがわのスケッチ
序 敬愛する吉村さん——樹さん——私は今、序にかえて君に宛てた一文をこの書のはじめに記すにつけても、矢張呼び慣れたように君の親しい名を呼びたい。私は多年心掛けて君に呈したいと思っていたその山上生活の記念を漸く今纏めることが出来た。 樹さん、 …
作品に特徴的な語句
しび もうけ れい あた 不可いけねえ 何処どっち かえり しげる こわ けむっ 穿はい じか つもる 可怖おそろ おも 消魂たまげ 往還いきかえり 父親おとっ うずも 白楊どろ こご しょ えだ たま 洋傘こうもりがさ ひき 臥床しとね さみ いき 何程どんな そなわ 其方そちら たか ふか 光沢つやけ 一時いちどき 奈何いかが 掌中てのひら 不可いけない たった ぷん しまい 彼方むこう いき おっしゃ あた づか 服装なりふり いず かが しめかざ ほとり 筒袖つつっぽ 眼眩まぶ うち ため 取除とりはず 紅毛あかげ うらない たや いで かたまり けぶ 内儀かみさん 其方そっち 飛沫とばしり いり きっ くら 母親おっか 背負おぶ 片方かたっぽう なつか 故家ふるや なっ つかま たと かさ 鰹節おかか よそ 香気かおり はじ あらわ 彼処あそこ 物寂ものさみ 野面のら 当嵌あてはめ あらわ 南瓜とうなす 相撲ずもう ひろ へり うわ