千曲川のスケッチちくまがわのスケッチ
序 敬愛する吉村さん——樹さん——私は今、序にかえて君に宛てた一文をこの書のはじめに記すにつけても、矢張呼び慣れたように君の親しい名を呼びたい。私は多年心掛けて君に呈したいと思っていたその山上生活の記 …
作品に特徴的な語句
活々いきいき 鍛冶屋かじや 沢庵たくあん かば 諏訪すわ 越後えちご 浅黄あさぎ 祇園ぎおん ひえ 藁草履わらぞうり 物識ものしり しば きぬた 胡麻塩ごましお 譴責けんせき 袖口そでぐち 諸共もろとも 寵愛ちょうあい かけひ 樹蔭こかげ 薄縁うすべり 編輯へんしゅう 板塀いたべい 檀家だんか 伽話とぎばなし 冷汗ひやあせ 梶棒かじぼう 夕靄ゆうもや もみ 根柢こんてい 武蔵野むさしの 麦藁むぎわら 三度みたび 半襟はんえり 投網とあみ 茫漠ぼうばく 藍色あいいろ 八百屋やおや 谷間たにあい 人参にんじん ます 緑青ろくしょう 山麓さんろく 白髪頭しらがあたま ござ 頭蓋骨ずがいこつ 黄昏時たそがれどき 白髯はくぜん 冬籠ふゆごもり 可懐なつか そり むし 小豆あずき やなぎ 謀反むほ 隅田川すみだがわ 田圃道たんぼみち 苔蒸こけむ 行火あんか 直垂ひたたれ 脂肪あぶら 焼酎しょうちゅう 永代えいたい 瓦解がかい さめ ふるい 甲羅こうら 根太ねだ 眺望ながめ 幽邃ゆうすい 注連しめ さや 碓氷うすい 手甲てっこう しめ 蕭条しょうじょう 相生町あいおいちょう 牝牛めうし ほたる 波濤なみ てすり 鰹節おかか 五歳いつつ 四阿あずま 草鞋穿わらじばき 北国ほっこく 石塊いしころ せがれ 鼻汁はな くぬぎ きのこ 襷掛たすきがけ いただき 沈着おちつ 白樺しらかんば つよ 山間やまあい