“母親”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ははおや47.2%
おふくろ29.0%
はゝおや10.7%
おっか2.3%
おっかさん1.4%
おや1.4%
おつか0.9%
かかさん0.9%
おっかア0.9%
はは0.9%
おっかあ0.5%
おんなおや0.5%
おッかさん0.5%
かあ0.5%
かかあ0.5%
がが0.5%
はヽおや0.5%
ふくろ0.5%
マザー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高橋は、父親れたけれど、母親があるのでした。正吉だけは、両親がそろっていて、いちばん幸福であったのです。
世の中へ出る子供たち (新字新仮名) / 小川未明(著)
どうせ己はえ命だ……あゝ是まで母親には腹一杯痩せる程苦労を掛けて置いたから、手前己の無えは二人の孝行を尽してくれ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼女は、片山一人には、過去の一てた。肉親ともたなければならなかつた。もつとも、母親實母ではなかつた。
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
決して「母親さん」とは言わなかった彼の子息が居る……尤も、その頃から次第に子息は家へ寄付かなく成って行ったかとも思われる。
刺繍 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
わからないと母親が云うもんですから……処々拾い読みしてもらってもチンプンカンプンですから……ただ金兵衛さんの名前が所々に書いてあって
近眼芸妓と迷宮事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
感心な、母親の為にんな真似をなすった、も通りかゝって見世へ休んだとき、おさんの看病にはくりした、孝心なことで
母親さん、心配しないで居て下さいよ、奈何な事が有つても私が承知しませんから」と言ふもんですから——いえ
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
それじゃから云うて聞かすが、お前の母親というのは、ああ見えても若いうちはナカナカ男好きじゃったのでナ。
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
間抜たアんだ、ふざけた事を云うな、今江戸屋の半五郎と云われるのア誰のお蔭だ、父親母親がこしらえて是だけの屋台骨が出来たから、江戸屋の半五郎とも云われるのだ
母親へん縹緻よしなので、もそれになる美人才気もはじけてり、婦女一とりは申分なく仕込まれてりました。
父親なんかもうとうに死んでしまったい。母親だけはいたんだけれど、ついとうおれを
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
若い霊魂は愛されているたった一人の母親の感情の犠牲になることさえできないのだ。新しく生きようとする心の要求は、こんな犠牲をさえ払っている。
帰途 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
あれだから母親は本当にしないのだと、隣近所では切歯をしてもどかしがった。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
母親さんが早く死去り、お父親さん一人きりになっている、その大切なお父親さんの側に坐り込み、耳を澄ますのを習慣としていた。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「今時の風邪は永引くもんでなあ。それにしても、風邪ぐれえなら、安心だ。母親が心配してたぞ。」
栗の花の咲くころ (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
「なあに、母親がいねえもんだから……」
土竜 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
母親れにしきしてもみるほどきにきしが今日ひはれともりて、親切勿体なし、殘念などヽいふ感念右往左往してやら心地
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
実のお母親の気でいても全くは他人、この魂胆を知っているのは松五郎の生前に聴いたばかりだ……とお前のところの隠居に云わせるのだ
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
も、あの市來知にある、野菊いてる母親にだけはきたいとつてゐる。本當市來知はいゝだからなあ。』
追憶 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)