“かあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カア
語句割合
90.9%
可愛3.2%
継母0.8%
養母0.8%
義母0.5%
阿母0.5%
0.5%
0.5%
可哀0.3%
0.3%
0.3%
母親0.3%
祖母0.3%
自働車0.3%
自動車0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もなく、のマリちゃんが、ちょうど、台所で、って、沸立ったをかきしているおさんのそばへました。
でも可愛いいルーシーは彼女の父親より、もっと色が黒いんですの。だけど黒くっても可愛いい。——彼女は私の可愛いい可愛いい娘ですもの。そして彼女の母親のペットですもの
黄色な顔 (新字新仮名) / アーサー・コナン・ドイル(著)
継母さんはあのとおり真向な、念々刻々の働き者だからいい人だと思うけれど、何しろあの毒舌にはわん。あれだけはしてくれるといいと思うがなあ。
贋物 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
「もう、伊吹のにはいないのか、お養母さんはどうしている?」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
義母さん、今、お義父さんにも話して来ましたから、もうご安心なさいまし」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おさんには行ってもらうさ」
雪後 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
「次郎吉。歳暮に廻ってくる、俺とおッと手分けして」
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
可哀いい娘が白いを干しているのだろう、というほどの意で、「否をかも」は「否かも」で「を」は調子のうえで添えたもの、文法では感歎詞の中に入れてある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
一首の意は、夜の床でも可哀いい妻だが、昼日中でもやはり可哀いくて忘れられない、というので、その言い方が如何にも素朴直截で愛誦するにうべきものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ある朝のこと、このオシャベリ姫は眼をさまして顔を洗うと、すぐに両親の王様とお様の処に飛んで来て、もうおしゃべりを初めました。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)
と王様とお様はビックリして姫にお尋ねになりました。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)
川端のちゃんは甲種合格だってね、の忠はまだ抽籤は済まねえが、海軍にられべってだ、俺もげる男の子はなし、忠をとられりゃ作代でも雇うべい、国家の為だ、仕方が無えな
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
母親さんが早く死去り、お父親さん一人きりになっている、その大切なお父親さんの側に坐り込み、耳を澄ますのを習慣としていた。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「他人に背いても、お祖母さんには背かれないわ。それに一緒にいることなんて、あたりまえのことじゃないの、何も隠さなくってもいいじゃないの。」
嬰寧 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
美麗な自働車が 娘等がはしり𢌞つた。
青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
美麗な自動車が 娘等がはしり𢌞つた。
定本青猫:01 定本青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
風車あ、ぜのう、まあにまあにるなりいやあまずるも、やあまず繞るうもう……」
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)