贋物にせもの
車掌に注意されて、彼は福島で下車した。朝の五時であった。それから晩の六時まで待たねばならないのだ。 耕吉は昨夜の十一時上野発の列車へ乗りこんだのだ、が、奥羽線廻りはその前の九時発のだったのである。あわてて、酔払って、二三の友人から追いたてら …
作品に特徴的な語句
かよい なか 住家すまいや 何者なん しも づら 継母かあ たかぶ 他郷たび 雪袴もんぺ 終日いちんち いた あし おお 迂愚のろま うかが 萎縮いじ 労働しごと かえりみ すま がら そん ひろ つい あね 次男おじ くろず 食客しょっかく たぐ 遣繰やりく たず うかが すすき まとま 継母はは さぐ いろり かな つか ぞろ あつか まち 執固しつっこ やか 出会でくわ 向家むこう 問訊といただ 襟首えりくび しもと たけのこ むしろ こも 粗壁あらかべ 勾配こうばい 勁烈けいれつ 副対ふくつい 刹那せつな すが 別嬪べっぴん ののし 罵倒ばとう うらや 翻弄ほんろう ふけ 肋膜ろくまく 背後うしろ 自家うち しゅうと 草鞋わらじ こも 萌黄もえぎ 葡萄ぶどう こうむ 蓬々ぼうぼう おお ふき しの 薄縁うすべり とう わら 藁沓わらぐつ 虐待ぎゃくたい 蚰蜒げじげじ 蜥蜴とかげ おちい 醜悪しゅうあく まか 難癖なんくせ
題名が同じ作品
贋物 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)