“舅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅうと71.4%
しうと24.5%
おじ1.4%
おやぢ1.4%
おとうさん0.7%
シウト0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わたくしの様すこし以前より、物のにでもかれましたか、乱心の気味にござりまするが、ご祈祷をしてくだされましょうか」
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
正俊の井上新左衞門は土井利勝に懇意にしてゐるので、それを利勝に告げた。利勝は正俊に命じて匿名の書を持つて來た男を搜索させた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
彼は蒲東から興安へ出て布店をやっているにいて、秦晋の間を行商している者で、その時は興安へ帰るところであった。
陳宝祠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そのさんが俺の頭痛の種だて! 俺は今だにあのひとの根性を突き止めることが出来ないのだ。
「それがね、の気には入ってたけども、松平さんがきらってね」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
のエサアついデモゴグへ。
津軽地方特有の俚諺 (新字旧仮名) / 福士幸次郎(著)