“小舅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こじゅうと66.7%
こじうと33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小舅”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だから突然この小舅こじゅうとと自分の間に御櫃おはちを置いて、互に顔を見合せながら、口を動かすのが、御米に取っては一種な経験であった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
然し蒲生家の者は、其歌は賢秀の上を云ったのでは無く、賢秀の小舅こじゅうとの後藤末子に宗禅院という山法師があって、山法師の事だから兵仗へいじょうにもたずさわった、其人の事だ、というのである。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
学校の方から言ふと、二人は校長の小舅こじうとにあたる。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)