“小児”のいろいろな読み方と例文
旧字:小兒
読み方(ふりがな)割合
こども81.9%
しょうに9.3%
せうに4.0%
がき2.2%
あか0.4%
あかんぼ0.4%
こせがれ0.4%
ちびこ0.4%
ちツさい0.4%
ねんねえ0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、その中には妙に小児こどもっぽい示威があるように思われて、そこに、絶望からもがき上ろうとする、凄惨な努力が、透し見えるのだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その皮の水鉄砲。小児こどもは争って買競かいきそって、手のなまぐさいのをいといなく、参詣さんけい群集のすきを見ては、シュッ。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
家中うちじゅう追廻おいまわしたりするので、かわいそうな小児こどもは、始終しょっちゅうびくびくして、学校がっこうからかえっても
対手あいてういう覚悟で居ようとは、重太郎は夢にも知らぬ。彼は母に甘える小児しょうにのような態度で、あくまでもお葉に附纏つきまとった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
日本もまた小児しょうにに教える歴史は、——あるいはまた小児と大差のない日本男児に教える歴史はこう云う伝説に充ち満ちている。
金将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「ばかな!」と叱って——「陸口の将は小児しょうに烽火台のろしだいの備えもあるし、荊州の守りは泰山の安きにある。そちまでが敵の流言に乗せられてどうするか」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小児せうにの如くタワイなく、意気地いくぢなく、湾白わんぱくで、ダヾをこねて、あそずきで、無法むはふで、歿分暁わからずや
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
伊勢物語に、「二人して結びし紐を一人して相見るまでは解かじとぞ思ふ」思ふに下裳したも小児せうにの附紐の如く肌着に着けたる紐なるべし。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
且つ又聖経バイブルの教ふるところれば天国てんこくかんとすれば是非ぜひとも小児せうにこゝろたざるべからず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
かかあが怒らうが、小児がきが泣かうがサ、ハハハハゲエープツ、ああ好い心持だ。
磯馴松 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
前様めえさま、今の住居すまいは、隣の嚊々かかあ小児がきい産んで、ぎゃあぎゃあうるせえ、どこか貸す処があるめえか、言わるるで、そん当時黒門さどうだちゅったら、あれは、と二の足をましっけな。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その、大蒜にんにく屋敷の雁股かりまたへ掛かります、この街道かいどう棒鼻ぼうばなつじに、巌穴いわあなのような窪地くぼちに引っ込んで、石松という猟師が、小児がきだくさんでもっております。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とても側には居られません、少しばかり意見がましい事を申せば、手にあたる物でぶち打擲致しますから、小児あか可愛かわゆくないかと膝の上へ此の坊を載せますと、エヽうるせえ、とこんな病身の小児を畳の上へ放り出します、それほど気に入らぬ女房なれば離縁して下さい
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
戊「なアに、そうじゃありません、小児あかんぼうんこを流したんだって」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
生れて武勇抜群の小児こせがれなり、
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
大賢大愚たいけんたいぐ、まことに小児ちびこのごとき蒲生泰軒であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
私も昔しの身でなければ種々いろいろと障る事があつてな、お尋ね申すは更なること手紙あげる事も成ませんかつた、今は何処に家を持つて、お内儀かみさんも御健勝おまめか、小児ちツさいのも出来てか
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
然し、元はと言えば乃公おれあやまりさ。あれが来てから一年と経たない内に、もう乃公は飽いて了った。そのはずだろう——あれとは年も違い、考も違う。まるで小児ねんねえも同然だ。そんな者と話の合いようが無かろうじゃないか。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)