刑余の叔父けいよのおじ
一年三百六十五日、投網打の帰途に岩鼻の崖から川中へ転げ落ちて、したたか腰骨を痛めて三日寝た、その三日だけは、流石に、盃を手にしなかつたさうなと不審がられた程の大酒呑、酒の次には博奕が所好で、血醒い噂に …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 盂蘭盆うらぼん 鉄漿おはぐろ 愛宕あたご 身顫みぶるひ 布袋ほてい 居睡ゐねむり 五歳いつつ 草鞋穿わらぢばき 上框あがりがまち 二歳ふたつ 逼塞ひつそく なあ 其麽そんな 肥料こえ 泥溝どぶ 酒宴さかもり 祭礼おまつり 平伏へこたま 不取敢とりあへず 臭気にほひ 取留とりとめ 何物なに あはれ 報知しらせ 内密ないしよ 漆黒まつくろ 甚麽どんな みつ 恁麽こんな 踏込ふんご 無為ぶゐ 土埃ほこり 炉辺ろばた 収穫とりいれ 眼眸めつき 蹣跚よろよろ 捕縛おせえ 充満みちみち 横腹よこつぱら みづか 漏斗じやうご 遣取やりとり 年長としうへ ひらた 顴骨ほほぼね 悲哀かなしみ 四周あたり 邪気あどけ 飲酒家さけのみ じつ 六歳むつ 三戸さんのへ 乱暴者あばれもの 鈍々のろのろ 年少としした 眇目めつかち 全体いつたい 武家さむらひ 追駈おつか 衆人みんな ゆす 牆壁しやうへき 寝室ねま だる 前様めえさま 呼気いき 平然けろり 四歳よつつ 壮健ぢやうぶ あぶら 少許すこし 理解のみこ 公然おもてむき 徹夜よどほし 那麽あんな 塩鮭しほびき 命名なづ 稲扱いねこき 所好すき 老媼ばばあ 例外なみはづ 残余あと 五目鮨ごもくずし 助勢すけて 暢然ゆつたり 衡門かぶきもん 肉身しんみ 繁忙いそがし 一寸々々ちよいちよい 功績てがら 富有かねもち 確然しつかり まへ 鉄砲弾てつぽうだま 過般こねえだ