刑余の叔父けいよのおじ
一年三百六十五日、投網打の帰途に岩鼻の崖から川中へ転げ落ちて、したたか腰骨を痛めて三日寝た、その三日だけは、流石に、盃を手にしなかつたさうなと不審がられた程の大酒呑、酒の次には博奕が所好で、血醒い噂に其名の出ぬ事はない。何日誰が言つたともな …
作品に特徴的な語句
ごど うな 莞爾にこつ 容貌かほかたち 自由わがまま しら 頑固つむじまがり 滑稽しやれ 莞爾にこにこ 御座ごあ どこ 壮健ぢやうぶ 老媼ばばあ 彷徨うろうろ おやぢ 平伏へこたま 片端かたつぱじ 祖父おぢい 夫婦いつしよ だて 態度そぶり 沢山うんと 全体いつたい 左右かにかく 蹂躙ふみつけ 貫通ぶつとほ そつ たつた 挙動ものごし はだか こつ 顴骨ほほぼね 武家さむらひ 追駈おつか 軍帽しやつぽ 無為ぶゐ 年長としうへ まだ おまけ 密接くつつき 始終しよつちゆう 塩鮭しほびき ゆす 扮装みなり 所為せゐ とう 普通あたりまへ さま たのしみ 愚痴ぐちツ 横腹よこつぱら 悪寒さむさ 此方こつち 徹夜よどほし ぴき ほん 眼眸めつき 髑髏されかうべ 過般こねえだ 不幸ふしあはせ 駈競かけつくら こぼ 唐突いきなり 蹣跚よろよろ めえ 以前まへ 加之のみならず 充満みちみち 漆黒まつくろ 六歳むつ すこし もぐ 例外なみはづ 軍刀サアベル いつも わづら 何物なに 身顫みぶるひ また 帰途かへり 居睡ゐねむり ずつ 理解のみこ あはれ 土埃ほこり 奈何どう 飄然ふらり 同胞きやうだい 臭気にほひ あへ はしや 捕縛おせえ 助勢すけて 四歳よつつ はだ