“曝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さら85.6%
8.7%
1.7%
あば1.5%
ざら0.4%
さらさ0.4%
あら0.2%
あらは0.2%
ささや0.2%
0.2%
しら0.2%
サラ0.2%
ザラ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「病院とか兵站部とか、婦人たちは、それぞれ適宜な部署へ分けて、なるべく、危険にされんように、明日でも配置してくれんか」
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それで、彼が白髪山と呼んでいる、玢岩のれて怪しく光る鑓ガ岳——その裏尾根を乗り越えて、さらに硫黄沢の源頭へと降り込む。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
私のトリックはれそうだった。そのとき私は目ざとく、彼女の肩に一枚の木の葉がくっついているのを見つけて
三つの挿話 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
君は、夷岐戸島の秘密を、それからそれへといていったね。しかし、まだ一つだけ、君の眼に止まらなかった井戸があるのだよ。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
鬼怒川高瀬船船頭衣物かとくも/\ぎだらけな、それも自分つて清潔した仕事衣裾長
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
疊屋の方こそ、黒々と塗つて、大した不體裁もありませんが、此方の方は見る蔭もなく荒れて、支への柱は所々んだまゝ、れきつた板は、灰色に腐食して、所々に節穴さへ開いて居ります。
なにしろ、御息女は、御寵愛が激しかったので、中老方の嫉妬も多いゆえ、これがわれたら、大事にもなろうというもの——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
これに反して須田町に立つて居る銅像は確かに誤訳である。而もあれは逐字訳の方の誤訳であらう。恐らくこれほどイギリスの原文を一字一句、そのまゝに訳して醜悪をしたものはあるまい。
翻訳製造株式会社 (新字旧仮名) / 戸川秋骨(著)
お品は人目もらず、しく袖口で涙を拭きながら、平次の耳へき加減に、こう言います。
木理れた湯槽を枕にして、外を見ることのできない眼は、やっぱり内の方へ向いて、すぎこしが思われる。
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それが、怎して村一番の乱暴者かといふに、根が軽口の滑稽に快く飲む方だつたけれど、誰かしら酔ひに乗じて小生意気な事でも言出すと、座がけるのを怒るのか
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
これは、安易な表現・不透明な観照・散文的な生活に満足してゐる、桂園派の欠陥をけ出してゐるので、歴史的に存在の価値を失うてゐる人々の、無理会な放言に対して
古語復活論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
十二ノ「立チシ」ニ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)