“清潔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きれい65.2%
せいけつ28.3%
きよ2.2%
きよらか2.2%
セイケツ2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第六 毎日一度冷水微温湯にて身體清潔ひとり、肌着着替べし。入浴は六七日目たけからざるるべき
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
彼等技巧發揮して叮嚀されゝばがまだそれをさない清潔よいじをへるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
溝には塵芥く、たまたま清潔き家ぞと見るも、生々しき獣皮の、内外には曝されたる、さりとては訝しさを、車夫に糺せば、個は穢多村なりといふ。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
無邪気に清潔に育てられて来た。どうして直接に思う事を思う男へ打ち明けられよう。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ケサ、六時林房雄氏一文ンデ、カカナケレバナルマイトジマシタ。多少悲痛ト、決断、カノ小論行間レテ清潔ジマシタ。文壇、コノ四、五ナカッタコトダ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)