“心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こころ39.4%
しん35.5%
こゝろ14.6%
シン2.2%
むね2.0%
ごころ1.7%
ごゝろ1.2%
こヽろ0.4%
うら0.4%
ハアト0.4%
ハート0.4%
ここ0.3%
こゝ0.1%
0.1%
じん0.1%
すん0.1%
つもり0.1%
はあと0.1%
みこゝろ0.1%
むなもと0.1%
エスプリ0.1%
ココロ0.1%
コヽロ0.1%
ゴリ0.1%
サーラ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
乳牛はすこしがたがた四を動かしたが、飼い葉をえて一いはじめる。花前は、いささか戒心態度をとってしぼりはじめた。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
四谷りへ食料しにて、煮染屋つけて、れた壁泥いのをんで飛込んだが、あての昆布佃煮もない。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
日想観において観じ得た如来の姿を描くとすれば、西方海中に没しようとする懸鼓の如き日輪を、にして写し出す外はない。
山越しの阿弥陀像の画因 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
……ここをいうのだ、茶屋の女房の浅黄縮緬のちらちらなぞは、突っくるみものの寄切だよ、……目も覚め、みようじゃないか。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
人中にまれてはほとんど除かれている彼に、この衷心から頭をげて来た新しい慾望は、更に積極へと彼に拍車をかけた。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
中の巻の発端に「かゝる親には似ぬ娘、お夏は深きゆゑに、菩提と意地ばりて、嫁入もものび/\の」………と書出して、お夏に既に恋ある事を示せり
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
待給諸共にのなりけん、はりしがしごきの緋縮緬を、最期幾重まきて、大川かへらずぞりし。
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
枕に就くと、今日位身體も心も急がしかつた事がない樣な氣がして、それでも何となく物足らぬ樣な、悲しい樣な、恍乎とした疲心地で、すぐうと/\と眠つて了た。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
最も自然に無邪気なるべき諧調のうちに含まれるを披瀝した宗教的気分が、かすかな指の狂いに乱さるる所が往々にしてあった。
恩人 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
の問題でイタリーへやって行くこと、ブラウンの家へ足を留めたときはすでにその情熱にかかっていたこと、それからのがれようと試みたこと、しかし自分の力は及ばなかったこと
そして暗く静かなそのころの堺筋へ出て夜半と元朝ちよく冷たい静寂の空気を味わうのであった。ところがなかなか父が起きて来ない。
よもや植木屋息子にてはあるまじく、さりとて住替りし風説かねばなし、不審さよのろは其人しければなり、もなき庭歩行にありし垣根
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「それで、彼奴の下役が、紀州へ行かぬ内に、何か、贋者だという証拠品をえておいて、使が行ったなら、それをませて戻してもらいたいが、の利いた、口の固い者を一人、二人——」
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
だから」と云つた。今迄日のんだ空気ので、かしてゐた所為で、つて見えた。それが額際何時もの様に蒼白つてゐるに、が少し煮染した。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「あは」彼女は感動の余り嗚咽した。「妾の春雄が、ほんとうに……妾を配すると……云ったでしょうか……」
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)
河原から上がって、彼を追うと、お杉隠居も、もしお通が逃げるではないかと狼狽だしたように、すぐ後ろから駈け上がってゆく。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
」とか「くずし」とか「新紋形二つ」とかいうような人情本臭い題名であって、シカモこの題名の上にの紋を置くとか
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
上は則ち乾霊の国を授けたまふに答へ、下は則ち皇孫を養ひたまひしを弘めむ。然して後に六合を兼ねて以て都を開き、八紘ひてむこと、亦からずや。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
かくて餘物るや。丘山もたゞならず、る。るにうて、𥶡く。飛衞ぐ。先生高踏してつてく、汝得之矣
術三則 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
また思ふに、かれのはあたらしい!
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
」のコは「許」を書いて「古」は書かないというように、あらゆる「こ」を含んでいる語が「許」を書くか「古」を書くかの二つに分れている。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
悠々タル行路——とやか!
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
和名鈔に淡路國津名郡都志(豆之)郷あり、此島は天日槍命に縁あれば、此の都志も但馬の出石に縁ありて、イヅシの省略なるべしとの説あり。牛利の義なり。
卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
沙邏はの音譯だと、吾輩は信ずる、いづれにしても、其の贅澤の程が推察せらるゝ次第であるが、しかし、大唐天子の贅澤である、かゝる位のことは怪むに足らない、この大唐天子の帝師となり
大師の時代 (旧字旧仮名) / 榊亮三郎(著)