“心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こころ39.2%
しん35.8%
こゝろ14.8%
むね2.1%
シン2.0%
ごころ1.7%
ごゝろ1.0%
こヽろ0.4%
うら0.4%
ハアト0.4%
ハート0.4%
ここ0.3%
こゝ0.1%
0.1%
じん0.1%
すん0.1%
つもり0.1%
はあと0.1%
みこゝろ0.1%
むなもと0.1%
エスプリ0.1%
ココロ0.1%
コヽロ0.1%
ゴリ0.1%
サーラ0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
与助よすけは、こころうちかみさまやほとけさまに、どうかいのちたすけてくださるようにといのりはじめました。
おおかみと人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
娘はこころ顛倒てんだうしてけがしたるも打忘うちわすれおはたやにかけ入り、そのまゝ御機おはたによりておらんとしけるに
私は若い処女のその滑かな肌と優しげな髪をさわっては見ようけれ共そのしんにある骸骨や内臓にさわる事は出来ない気持がなんにでもついてまわる。
何か原稿用紙のようなもので、油壺あぶらつぼき、ほやを拭き、最後にしんの黒い所を好い加減になすくって、丸めた紙は庭へてた。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ゑゝことかぬわがまゝものめ、うともおてぜりふひてこゝろともなくにはるに
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
すさまじ群集ぐんしふのなかをのがれたが、大川端おほかはばたて、うれしやとほつ呼吸いきをついて、こゝろづくと
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……ここをいうのだ、茶屋の女房の浅黄縮緬のちらちらなぞは、突っくるみものの寄切よせぎれだよ、……目も覚め、むねみようじゃないか。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此日放牧場の西端に立って遙に斗満とまむ上流の山谷さんこくを望んだ時、余は翁が心絃しんげんふるえをせつないほど吾むねに感じた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
自分すら忘れきつた、彼の人の出來あがらぬ心に、骨に沁み、干からびた髓のシンまでも、唯りつけられたやうになつて、殘つてゐるのである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
自分すら忘れきつた、彼の人の出來あがらぬ心に、骨に沁み、干からびた髓のシンまでも、唯りつけられたやうになつて、殘つてゐるのである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
人中にまれておくごころはほとんど除かれている彼に、この衷心から頭をもたげて来た新しい慾望は、更に積極へと彼に拍車をかけた。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
さあ、ると心配しんぱいむねたきちるやうで、——おび引緊ひきしめてをつとの……といふごころ
夜釣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それはおへだごゝろだとつてうらみますると、なにそんな水臭みづくさことはしない
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
良人をつとが居ないのだからと鏡子は不快ななげやりごゝろおこして立つた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
ことなどにいよいよこヽろなやまさせけるが、をりふしのにはあるきに微塵みぢんきずなきうつくしさをみと
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さうして少年せうねんのやぶれたこヽろはつくのはれたけれど、舞台ぶたいのうへで姫君ひめぎみのきられたといふことはわすれられない記臆きおくであつた。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
枕に就くと、今日位身體も心も急がしかつた事がない樣な氣がして、それでも何となく物足らぬ樣な、うら悲しい樣な、恍乎ぼうつとした疲心地つかれごゝちで、すぐうと/\と眠つて了た。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
何方いづちにけむ、思ひして惱みし我もうら解けぬ。
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
最も自然に無邪気インノオセントなるべき諧調のうちに含まれるハアトを披瀝した宗教的気分が、かすかな指の狂いに乱さるる所が往々にしてあった。
恩人 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
云ひ換へれば、智の働きに申分はなくとも、其処にはハアトの働きが余に欠け過ぎてゐると云ふより外はないのである。
然しかれハートは、慥かに左様さうだとかんずる勇気がなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そして、ハートの問題でイタリーへやって行くこと、ブラウンの家へ足を留めたときはすでにその情熱にかかっていたこと、それからのがれようと試みたこと、しかし自分の力は及ばなかったこと、などをクレブスへもらした。
そして暗く静かなそのころの堺筋さかいすじへ出て夜半と元朝がんちょうここちよく冷たい静寂の空気を味わうのであった。
小さなガラスを透して来る宝石のようなここちのする色の輝きです、宝石なども小さいから貴く好ましいのですが、石炭のように、ごろごろ道端みちばたころがっていれば鳥のふんと大した変りはないでしょう。
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
不審いぶかしさよのそここゝろは其人そのひとゆかしければなり、ようもなき庭歩行にはあるきにありし垣根かきねきは
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
はなあらしのおそろしきこゝろもらずおこらんにや、るさせたまへとてこひなればこそ忠義ちうぎきたへし
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「それで、彼奴きゃつの下役が、紀州へ行かぬ内に、何か、贋者だという証拠品をこしらえておいて、使が行ったなら、それをつかませて戻してもらいたいが、の利いた、口の固い者を一人、二人——」
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
じんだから」と云つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「あは」彼女は感動の余り嗚咽おえつした。「妾の春雄が、ほんとうに……妾をすん配すると……云ったでしょうか……」
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)
河原から上がって、彼を追うと、お杉隠居も、もしお通が逃げるつもりではないかと狼狽あわてだしたように、すぐ後ろから駈け上がってゆく。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふたはあと」とか「はあとくずし」とか「新紋形二つはあと」とかいうような人情本臭い題名であって、シカモこの題名の上にふたどもえの紋を置くとか
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
上は則ち乾霊あまつかみの国を授けたまふうつくしびに答へ、下は則ち皇孫すめみまたゞしきを養ひたまひしみこゝろを弘めむ。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
るにしたがうて、𥶡りんこと/″\むしむなもとつらぬく。
術三則 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
かれはポリネシアの古典学における、よきエピゴォネンだ。また思ふに、かれのエスプリはあたらしい!
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
ココロ」のコは「許」を書いて「古」は書かないというように、あらゆる「こ」を含んでいる語が「許」を書くか「古」を書くかの二つに分れている。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
ツヒ悠々ユウ/\タル行路コウロコヽロ——とやか!
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
牛利ゴリゴリの義なり。
卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)
沙邏はサーラの音譯だと、吾輩は信ずる、いづれにしても、其の贅澤の程が推察せらるゝ次第であるが、しかし、大唐天子の贅澤である、かゝる位のことは怪むに足らない、この大唐天子の帝師となり、灌頂國師となり、勅によりて、或は雨を祈り、或は雨を止め
大師の時代 (旧字旧仮名) / 榊亮三郎(著)