宮本武蔵みやもとむさし04 火の巻04 ひのまき
伏見桃山の城地を繞っている淀川の水は、そのまま長流数里、浪華江の大坂城の石垣へも寄せていた。——で、ここら京都あたりの政治的なうごきは、微妙に大坂のほうへすぐ響き、また大坂方の一将一卒の言論も、おそろしく敏感に伏見の城へ聞えて来るらしい。 …
作品に特徴的な語句
イササ ぺい やつ つもり とっと 何処イズコ 歩行ひろ たいらの 扮装よそお 化粧よそお べく 童女わらべ こと もの 理由こと おおぴ こげ 大海おおうな てて わつぱ かか 何日イツ 私語ささめごと 彼地あち めま めい 良人ひと ぺん てめえ しつ 木片きぎ ざお ハバカ おろ うつ うた 水口みなぐち われ 退 はし あた うしろ 絶壁きったて はずみ がしら 此方このほう 四肢よあし 真実まったく かた じじ 下手べた ごん うも あか もや 姉様ねえさま 御見ギョケン しぼ 養母かあ おわ 彼方むこう ともの マカ 焦心あせり おのれ 殿でん しっ がわ しっ ぴら 退しりぞ かつ づら ほぐ
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)