宮本武蔵みやもとむさし04 火の巻04 ひのまき
伏見桃山の城地を繞っている淀川の水は、そのまま長流数里、浪華江の大坂城の石垣へも寄せていた。——で、ここら京都あたりの政治的なうごきは、微妙に大坂のほうへすぐ響き、また大坂方の一将一卒の言論も、おそろ …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 対峙たいじ 緻密ちみつ 敵愾心てきがいしん 土瓶どびん きず 鍛冶屋かじや 脾腹ひばら 沢庵たくあん 鬱憤うっぷん 祇園ぎおん 突兀とっこつ 立場たてば 脚下あしもと 雇人やといにん 足利あしかが きぬた 鵜呑うの ちん 足蹴あしげ 逐電ちくてん 首途かどで 木樵きこり くりや 後家ごけ 銅鑼どら 仮借かしゃく 鞭撻べんたつ 鉄漿かね 人非人ひとでなし 夕靄ゆうもや ろう ろく 無碍むげ さかい 雑魚ざこ さば がん 初手しょて 見栄みえ 嫡子ちゃくし 喘息ぜんそく 禰宜ねぎ 見恍みと 雑鬧ざっとう 俯瞰ふかん 錯覚さっかく 叡山えいざん 灰汁あく 錚々そうそう ほた 笑靨えくぼ 一足ひとあし 張子はりこ さん 硯箱すずりばこ くわ 昏々こんこん 時刻とき 生唾なまつば 沓掛くつかけ ねぎら かご 榾火ほたび 猛々たけだけ 神楽かぐら 経文きょうもん とばり 菩薩ぼさつ 稚児ちご あぶみ 鼓舞こぶ 唾液だえき 美作みまさか 怨敵おんてき てん 鬼子母神きしもじん 外様とざま 快哉かいさい 経綸けいりん 肱枕ひじまくら 陥穽かんせい しお 糾合きゅうごう 冥途めいど 取做とりな 朝陽ちょうよう 渓川たにがわ 煙硝えんしょう しとみ やく 牝牛めうし 蔵人くらんど 天蓋てんがい 山茶花さざんか 下痢くだ 屡〻しばしば 成敗せいばい 手応てごた 浅慮あさはか
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)