宮本武蔵みやもとむさし08 円明の巻08 えんみょうのまき
ここは、鶯の名所。 柳生の城のある柳生谷—— 武者溜りの白壁に、二月の陽がほかりと映して、槍梅の影が一枝、静かな画になっている。 南枝の梅花は誘っても、片言の初音の声は、まだ稀にしか聞かれないが、野路や山路の雪が解けると共に、めっきり殖え出 …
作品に特徴的な語句
しゅく バカ べく かそ こと おや じゅう じか うたた すぼ くん さきの うずも ひら 良人ひと てめえ やかま ちが 退 かたじけ われ ささ カク 荒海わだつみ こう ナク 故郷いなか 確乎しか まつわ 郷里さと ぼん 武士ざむらい 旅客きゃく しも おく じゃく えん しゃ むこ ともし よご なよや はげ から おのれ したた あか から いわあな づめ ぎょう せき ぐさ 彼方むこう おも すい 彼方あなた 種々くさぐさ ふり はぐ はた かっ きょう 懲罰しおき かたじけの こうべ むさ 往古いにしえ かえ さいな かたづ しめ
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)