宮本武蔵みやもとむさし05 風の巻05 かぜのまき
丹波街道の長坂口は、指さして彼方に望むことができる。並木越しに、白い電光かのように眼を射るのは、その丹波境の標高で、また、京都の西北の郊外を囲っている山々の襞をなしている残雪だった。 「火を放けろ」 と誰かいう。 春先なのだ。まだ正月の九日 …
作品に特徴的な語句
コウベ 退 カン なや カエ タワム ショウ むさ すご しま ロウ くら ノボ くわく にお 戦慄ふるい ヒタイ ワレ 後退あとさ ねむる 蝸牛まいまい こば あら あが つぶ ショウ 故郷くこ にこ こども ひし もの つぶさ 退 おの 童女こども くも めま 下婢すえ しん トモ あらた カツ もの 遊戯あそ てめえ ひいで 迂回まわり さきの スベ とし じょ きたな やか とき いおい 退 きつ 軽蔑みくび 計画はかりごと しり いず あがの じょ うしろ 提燈あかり 美貌きれい 複雑さまざま しっか つれ 処女しょじょ 一日ついたち あい さが 一滴ひとたら だん 後退あとず むさ
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)