宮本武蔵みやもとむさし05 風の巻05 かぜのまき
丹波街道の長坂口は、指さして彼方に望むことができる。並木越しに、白い電光かのように眼を射るのは、その丹波境の標高で、また、京都の西北の郊外を囲っている山々の襞をなしている残雪だった。 「火を放けろ」 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 夜叉やしゃ きず 敵愾心てきがいしん 離屋はなれ 通夜つや 流暢りゅうちょう 修羅しゅら 沢庵たくあん 離室はなれ 女々めめ 祇園ぎおん 鬱憤うっぷん 陸奥みちのく 公達きんだち 詰問なじ 呂律ろれつ 与力よりき 断乎だんこ 藁草履わらぞうり 突兀とっこつ 立場たてば 螺鈿らでん 逐電ちくてん いが なみ 畢生ひっせい 足利あしかが 雇人やといにん 揉手もみで 楚々そそ 芍薬しゃくやく あま 蔓草つるくさ 烏滸おこ ちん 律義りちぎ 喊声かんせい まこと 樹蔭こかげ たん 木挽こびき 木樵きこり 無碍むげ 大喝だいかつ 不逞ふてい 国許くにもと 布団ふとん 瑕瑾かきん ろく 忌憚きたん 芙蓉ふよう 峻厳しゅんげん 清冽せいれつ 淙々そうそう 満腔まんこう 三度みたび 危惧きぐ 傾城けいせい 香奠こうでん 象嵌ぞうがん 陳腐ちんぷ 余裕ゆとり 嫡子ちゃくし とら 僧形そうぎょう ます 烱々けいけい 見恍みと ひさ 木魂こだま 雑鬧ざっとう 叡山えいざん ほた 笑靨えくぼ 手古摺てこず 御仁ごじん かんざし くど 伽羅きゃら 生唾なまつば 癇癖かんぺき 闖入者ちんにゅうしゃ 茅葺かやぶ 一叢ひとむら 参籠さんろう 落人おちゅうど もず 熾烈しれつ 足掻あが 丑満うしみつ 凛々りり ちゅう かご 情誼じょうぎ 坦々たんたん 嫉視しっし 猛々たけだけ せり
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)