“展”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひら37.0%
29.2%
ひろ28.4%
ひろが1.3%
のば1.0%
0.5%
てん0.5%
0.5%
0.5%
0.3%
なら0.3%
のし0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝の光が射しそめる頃から、彼の世界は黄色にけてくるのであった。彼の視界にあるどういう物体も、その色のまま黄色に見えた。
黄色い日日 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
快い北東の季節風に吹かれ、御納戸色の絹をべた様な静平な海面を過ぎながら、十一月二十五日の朝蘭領のアノムバ島を左舷に見た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
私はそこに自分の心をまざまざとげて見せられたやうな心持がして、じつとそれに見入つて居た。漆のやうな暗い闇は長く続いた。
百日紅 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
物は言はで打笑める富山のれり。早くもその意を得てや破顔せるの目は、切疵の如くほとほと有か無きかになりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
金万の若旦那実は敏腕家だけれど、差当り親父が頑張っているから、驥足すことが出来ない。猫のようになって、爪をしている。
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
前夜訪ねて來て書式を聞いた行つたのだから、けて見なくても解職願な事は解つてゐる。
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
……あれば、宋朝治下の塗炭の民土に、一の清風と、一望の緑野じるものと、望みをかけ得られないこともないのだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少しばかり平地になったところが小公園風に出来ていて、そこからこの農業都市の、樹木の多い熊本市街がひとめにらけていた。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
十五、始メテ眉ヲ
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と少しった気味で受合いましたから、大きにお竹も力に思って、床をってりました、和尚さまは枕にくと其の儘旅疲れと見え、ぐう/\と高鼾で正体なく寝てしまいました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
やはり岩乗な鉄の寝台が一個、入口の方向を枕にして横たえてあるが、その上の真白な寝具が、キチンと敷きべたままになっているところを見ると、まだ誰も寝たことがないらしい。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
昆布を出す。浴後昼食て、先当地之産土神下之御霊へ参詣、(中略)北野天満宮へ参詣、(中略)貝川橋を渡り、平野神社を拝む。境内桜花多く、遊看の男女雑閙
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
我は自らことわりて、誰かわが此墳墓をるを難ずることを得んと云ひぬ。