金色夜叉こんじきやしゃ
未だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて、真直に長く東より西に横はれる大道は掃きたるやうに物の影を留めず、いと寂くも往来の絶えたるに、例ならず繁き車輪の輾は、或は忙かりし、或は飲過ぎし年賀の帰来なるべく、疎に寄する獅子太鼓の遠響は、はや今日に …
作品に特徴的な語句
つか なにがし やさし しばし 何処どつこ とん ぐし わづらし がたな ゐな ゆか ちよつと あし ほん われ をし したたか とも ずつ むすぶ ラヴ かへる そこひ かうばし ゐら づく いし ひもじ いみじ むづかし あながち たがひ いたまし いとま 全然そつくり ねんごろ しよう をら ふたが ひらめ わけ あん はや ゆすら 可憐しをらし はた そそが つくづ わかや めづら はずみ 可憐しをら おち わづらひ わづら ちよ 調ちよう そこ とらは ひとた よそ すべ 穿 湿うるほひ 尋常ひとなみ いかめし しな ほとり はぢし ふか たし 敏捷びんしよう けがらはし わづらはし いとはし あん ただ 良人つれあひ 往来ゆきかよひ じれ わたくし なさ わから おか ひた 全然さつぱり かへし 頬冠ほほかぶり つま 彷徨のそのそ もてな あらら くるはし