金色夜叉こんじきやしゃ
未だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて、真直に長く東より西に横はれる大道は掃きたるやうに物の影を留めず、いと寂くも往来の絶えたるに、例ならず繁き車輪の輾は、或は忙かりし、或は飲過ぎし年賀の帰来なるべく …
作品に特徴的な語句
燭台しよくだい 夜叉やしや 足駄あしだ 長火鉢ながひばち 面長おもなが 離室はなれむろ 輿入こしいれ 気儘きまま 浅黄あさぎ 不機嫌ふきげん あと そそ 唐桟とうざん 御褒美ごほうび ひよ 一期いちご 雇人やとひにん 木蔭こかげ 脚下あしもと 亢奮こうふん 布子ぬのこ 午過ひるすぎ 烏滸をこ 足蹴あしげ くりや 孤児みなしご 袖口そでぐち 律義りちぎ 諸共もろとも 音沙汰おとさた 馴々なれなれ いた まこと 沙漠さばく 芝生しばふ 掻巻かいまき 混沌こんとん 惜気をしげ 母家もや 浮世うきよ 薄縁うすべり 訊問じんもん 不束ふつつか 人非人にんぴにん 臆測おしあて 為方しかた 目貫めぬき 先途せんど 冷汗ひやあせ 捗取はかど 淋漓だらだら 生木なまき 立竦たちすく 見覚みおぼえ 護謨ゴム 失踪しつそう 本意ほい 三度みたび たに 繰返くりかへ すし 淙々そうそう 半襟はんえり 危惧きぐ 貪欲どんよく 渾身こんしん 分限ぶげん 山麓さんろく 矢立やたて 見栄みばえ 馬士まご 不躾ぶしつけ 冬籠ふゆごもり 夢寐むび 子細しさい 致方いたしかた 一筋ひとすぢ 半年はんとし 可懐なつかし 目深まぶか 言下ごんか 駒下駄こまげた 退治たいじ 五位鷺ごいさぎ 相容あひい 窓際まどぎは 端書はがき 蒲鉾かまぼこ 年寄としより 追々おひおひ 衣桁いこう 山車だし 一叢ひとむら 小唄こうた たふ 音頭おんど 御挨拶ごあいさつ 猿臂えんぴ