“若”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
51.4%
わか25.3%
もし8.2%
7.0%
わけ2.9%
ごと1.3%
0.4%
もしく0.4%
わこ0.4%
モシ0.4%
ワカ0.4%
0.3%
わかき0.3%
しか0.1%
わき0.1%
おはん0.1%
しく0.1%
じやく0.1%
なんじ0.1%
にが0.1%
わかい0.1%
わかや0.1%
わアか0.1%
わッけ0.1%
わー0.1%
ケタシ0.1%
ワガ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
フランスの兵がし官許を得て通るのなら、前以て外国事務係前宇和島藩主伊達伊予守宗城から通知がある筈であるに、それが無い。
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それでいちばんに万福丸どの、二ばんには当歳のが御焼香をすまされますと、「お茶々、そなたの番ですよ」と仰せられましたが
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ソコで其の片股だけ買う事に決めて、相当のを払い、も暇ならば遊びに来いと云うと、田舎漢の正直、其の夜再び出直して来た。
何ぞかん、俗に混じて、しかもら俗ならざるには。に菊有り。無し。南山れば常に悠々。寿陵余子文を陋屋に売る。
重兵衛 ほど、だれか歌いながら来るようだ。聞き慣れねえ声だから、ここらのえ者じゃあるめえ。旅の人でも迷って来たかな。
影:(一幕) (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
や爾は海外の小邦、高麗の附国、之を中国に比すれば一郡のみ。士馬芻糧万分に過ぎず。螳怒是れうし、鵝驕不遜なるがきだに及ばず。
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
本當におめえてえなもなねえよ、けえから毎晩酩酊つちや後夜でもあねえつちやれるいて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
併し是等が多數のものに行はれないと云ふのは教育の方向、は其の普及の程度に依つて定まるのではないかと思はれるのであります。
仮名遣意見 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
その良人はまだうございました。たしか二十五横縦った、筋骨ましい大柄男子で、ではありません。
凡隊中ノ事 一切隊長ノ処分ニ任ス 敢テ或ハ違背スル勿レ 暴乱事ヲリ 謬害ニ至テハ 隊長其死活スルモ亦
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)
さし立てゝ、夕日から朝日の照るまで、天つのりとの太のりとを申して居れ。さすれば、としてはひるに五百篁が現れよう。其下を
し又、適当な語を知つて居たにしたところで、今はそんな事に、考へをされては、ならぬ時だつたのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
をさなも、老もも、さをとめも、妻も、夫も。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
色は浅黒く、髪の毛には波を打ったような癖が目立って、生端薄く、それを無造作に何時も櫛巻きにしていた。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
左の手には雷居り、右の手には雷居り、左の足には雷居り、右の足には雷居り、并はせて八くさの雷神成り居りき。
小銅五厘、交番へ届けると、このおきが面白い、「金鍔を食うがかッ。」勇んで飛込んだ菓子屋が、立派過ぎた。「余所へ行きな、金鍔一つは売られない。」
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すればことなし人のことすれば言ことなしとなる嗚呼謹愼ずんば有べからず。
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
へて詮議すべしと又々本堂へ立歸りコリヤ和尚したるに相違あるまじサア早く出せし又何れへ落したるや明白に云へばし云はぬに於ては此方にも了簡が有るぞと詰寄けれども住持はとして只今申せし通り少しも知らぬことなり然るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
テ項王チ悲歌慷慨シ自ラ詩ヲリテク「力山ヲ抜キ気世ヲフ、時利アラズ騅カズ、騅逝カズ奈何スベキ、虞ヤ虞ヤ奈何ニセン」ト。歌フコト数、美人之ニ和ス。項王数行下ル。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
恒雄はい表情をして遠くの方を見つめた。
囚われ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
しかし年はし勢いは強い時分だったからすぐにまた思い返して、なんのなんの、心さえなら決してそんなことがあろうはずはないと、ひそかにから慰めていた。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さるはその真ならんよりなほ夢のなるべきを信ずるの当れるを思へるなり、美しさも常に増して、夢に見るべき姿などのやうに四辺可輝く、五六歳ばかりもぎて、その人の妹なりやとも見えぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お屋敷でね、一つ所で働くがあって、え男よ、其方を掃いてくんろ、イ拭くべえていった様な事から手が触り足が触りして、ふと私通いたんだ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「おはんも何かないと、お困りだろうからね、さんなら、堅くてさっぱりしていて、世話の焼けない方だから、よかろうと思ってね。」
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
、出雲の石※曾宮に坐す、葦原色許男大神を以てが、大庭か、と問ひ賜ひき。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
フたつてゴト好ギだテハデれダ夫婦だネ。十年も死んだサ義理立デデ、この上なに辛口きガれるゴドアあるベナせ。ホロゲ、の上のホロゲ、はゝゝゝゝゝ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)