“にが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ニガ
語句割合
89.2%
4.2%
3.6%
苦味1.8%
0.3%
嬰子0.3%
似描0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして未練というものは微かであっても堪えがたいほどにい……。清逸はふとこの間読み終ったレ・ミゼラブルを思いだしていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
したが又儀左衞門殿も一體白妙馴染の客にて是も其夜白妙を阿部河原まで追駈來られ重五郎と問答中白妙は飛乘柴屋寺まで參りしなり其後樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あはれ、殊勝な法師や、捨身水行すると思へば、折伏枯草の中に一個差置いた。が、したでもなく、草をでもない。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
多年の食道楽のために病的過敏となった舌の先で、苦味いともいともいとも、到底一言ではいい現し方のないこの奇妙な食物のを吟味して楽しむにつけ
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
る事は持前なれども表へ出ては口のる大屋に非ずに寄たら當人へしてすも知れざれば彦兵衞殿の家主八右衞門殿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れもさぬぞと八へ突掛るに源八はひも寄ぬなれば周章の手をして刄物挈取んとせし處を切先く二の突貫されヤアと躊躇
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
う内さ行くべし。嬰子はおっぬべえぞ。赤痢さとッつかれただ」
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「笠井の四国猿めが、嬰子事殺しただ。殺しただあ」
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
その似描きを持つてゐらつしやることは、あなたを慰めるでせうか、それともけるでせうか? 仰しやつて下さいまし。
恒雄はい表情をして遠くの方を見つめた。
囚われ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)