“やが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤガ
語句割合
75.0%
16.5%
2.7%
2.2%
1.3%
0.4%
0.4%
0.4%
谷峨0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ては私も死ぬ。人は皆散り/″\である。離れ/″\である。所詮は皆一様に死ぬけれども、死んだとて同じ墓に眠れるでもない。
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あゝ、おさだ迄かと思うとペタ/\と臀餅いて、ただ夢のような心持で、呆然として四辺を見まわし、て気が付いたと見えて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
て文太郎は春三郎が手を添へる間も無く突と立上つたと思ふとヒョロ/\とよろめいた。春三郎は急いで後から支へた。
是れ畢竟努力の絶えざる堆積は、て物質上にも變化を與ふる例證として認識するに足るではないか。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
停車場の食堂の入口で飲み始めたビールがてウイスキイに変る頃は十二時幾分かの汽車に乗るのがいやになって、一時三十五分の京都行に延ばす事にきめた。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
しさにり、病院服も、シヤツも、ぴり/\と引裂くのでつたが、其儘氣絶して寐臺れてつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
と、立留つて室内人々して昂然としてにも重大はんとするやうな身構へをする。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
と又る。お竹はもじ/\して居りましたが、
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と、地面がずんずんふくれるように盛り上って来て、……てずしんと車輪が大地にバウンドした。
旅客機事件 (新字新仮名) / 大庭武年(著)
谷峨信号所の附近で下ろされて、雨降りの中を徒歩で連絡させられる。近傍農村の少年・青年・老婆たちまで、手荷物運搬に出かけている。地震のお蔭で臨時の副業の出来た訳だ。
震災後記 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
に其場へ切たり斯て兩人はホツと一處へお里も來り其所に御は父樣かといふ聲てオヽお里か能マア無事でと親子三人怪我のないのを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)