“吐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
49.4%
24.2%
10.0%
ぬか5.9%
2.2%
1.7%
はき0.9%
ほざ0.9%
0.7%
はか0.6%
0.5%
つい0.3%
つき0.3%
0.3%
0.3%
はい0.2%
つく0.1%
つか0.1%
はく0.1%
0.1%
いっ0.1%
0.1%
つけ0.1%
はた0.1%
ほっ0.1%
ほつ0.1%
もど0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誠に有難い事で、もホツといて、それから二の一汽車京都御随行をいたして木屋町吉富楼といふりました
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「恐れ……恐多い事——りまするも恐多い。陪臣つて、御先祖様お名をかたります如き、血反吐いて即死をします。」
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
盲目にするつもりか。こうこう俺のこの眼はな二つながらちゃんと見えるんだぜ。節穴だと思うと間違うぞ。さあかせ何を笑った?
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「手、手前はさっき、神様の前で、承知しましたとしたじゃねえか、継母だと思ってめやがったなあ……こら、畜生ッ! 武!」
白い壁 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
「なにをいうかと思えば、愚にもつかぬざき。だが、少しおもしろい、その独りよがりをましてやろう。来いっ。彼方へ立とう」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
太平楽くな。ええ。このケダモノが……何かあ。貴様がさえすれあ二十円取れる。市役所へ五十銭附けて届けれあ葬式は片付く。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
最後に婦人は口中より一本の釘を出して、これを彼二十一歳の男子と記したる紙片に推当て、鉄槌をもて丁々と打ちたりけり。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「包み隠さず申し立てりゃあお上へ慈悲を願ってやる。なに? やいやい、まだ知らぬ存ぜぬときやがるか。」
所謂補瀉の別である。峻烈手段にはの三法があるが、其一隅を挙げて瀉と云ふのである。張従正は瀉を用ゐた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
飯をせるというから、私は驚いて、あの腕前ではわぬから一生懸命逃げたんだが、あのくらい苦しいことはありませぬ、それ故御無沙汰になって
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
酒は飲めず、って煙草ばかりかしていたので、愛想に一本、ちょっと吸って、帰りがけにくれたのが
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
差出せば次右衞門は此刀を申請く禮をを告て門前迄先々仕濟したりとと一て飛が如くに役宅へ歸り此趣きを越前守へ申上彌々召捕手筈
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
家主廣次郎同道にて我が家にこそはりけれより原田は虎松に向ひ其方明日杉戸へ案内を致せて今日は家主巳之助其方へ虎松を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
愛想かしをいい合ったり、色々の道具立てが入るのだが、手数がかかり時間がかかりその上後に未練が残り、恨み合ったり憎んだり、詰まらないことをしなければならない。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
誰がそんなことを言いましたね? お前さま、そんなことを言った奴の顔に唾でもっかけてやりなさればよかったのに! そいつは屹度そんなことを言って、あんたを揶揄おうと思ったのですよ。
に其夜の九ツ時に感應院はましき最期をこそたりける名主を始め種々詮議すれば煤掃膳部より外に何にもずとの事なりて膳部を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
に其場へ切たり斯て兩人はホツと一處へお里も來り其所に御は父樣かといふ聲てオヽお里か能マア無事でと親子三人怪我のないのを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ず逃たりしが惡者共は何所迄もと猶も間近逐來る故に半四郎は如何にもして逃行んとする幸ひ脇道の有しかば身をへして逃込を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
し思案して申ける樣和尚は何とはるゝや拙者大言に似たれども伊賀亮の大才ある者久しく山中にれて黄金
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
照ちやんはげえ/\げ乍ら一日苦しんで居た。
ますよ昨日も油断して独言をて居た所ろ後で見れば小使が廊下を掃除しながら聞て居ました
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
吉里は一語さないで、真蒼な顔をしてじッと平田を見つめている。平田もじッと吉里を見ていたが、堪えられなくなッて横を向いた時、仲どんが耳門を開ける音がけたたましく聞えた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
云ふ女なり何時が手前に百兩などと云ふ大金をしやコレ宜加減と恐ろしき眼色にて白眼付けるを大岡殿見られコレ/\久兵衞當所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『ハツハハ。相不変不減口く! 暑いところを能くやつて来ましたね。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
凄然たる監獄骨焼場、アンドレイ、エヒミチはさすがに薄気味悪たれて、しょんぼりとっている。と直後に、とばかり溜息がする。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
凄然たる監獄骨燒場、アンドレイ、エヒミチは有繋薄氣味惡たれて、しよんぼりとつてゐる。と直後に、溜息がする。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
いつの間にか話声はぴたりと止んで、例のすうめきが起り出した。階下の船室から這い出して来て欄干にしがみつきながら吐いている若者もあった。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
微かな蟇の息をく末流の学徒、私如き者の企てを以てしても、ふれぃざぁ教授の提供した証拠を、そのまゝ逆用して、この大先達のうち立てた学界の定説を
古代研究 追ひ書き (新字旧仮名) / 折口信夫(著)