白い壁しろいかべ
とうとう癇癪をおこしてしまった母親は、削りかけのコルクをいきなり畳に投げつけて「野郎ぉ……」と喚くのであった。 「いめいめしいこの餓鬼やあ、何たら学校学校だ。この雨が見えねえか!今日は休め!」 「あたいは学校い行くんだ」 富次は狭い台所にに …
作品に特徴的な語句
さが でか おっ ちゃん そら かがと かが どま ぬか はか のぼ いじ いそ しな いじ くつが 退 すた 上履うわばき とま 執拗しつこ まか いや ひし 揉手もみて 曠々ひろびろ ぱな 独楽ごま 白癬はくせん 素早すば もや 職業しょうばい おび あし 雪崩なだ しか まんま 一喝いっかつ 一図いちず 一瞥いちべつ せがれ うなが 傲然ごうぜん もう もた けず はげ しゃく 半畳はんじょう 叮嚀ていねい つぶや 呶鳴どな 咄嗟とっさ あきな すす しゃべ わめ つぐ ほこり せき ふさ 大人おとな 天井てんじょう 妨害ぼうがい 娑婆しゃば うれ はら とが 忌々いまいま 忽然こつぜん しお わずら 憂愁ゆうしゅう 憎悪ぞうお おも くじ 捕手とりて すく たた ます 梧桐あおぎり