“伜”の読み方と例文
読み方割合
せがれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其處には主人の池田屋八郎兵衞を始め、の眞太郎、眞太郎の姉のお清、三輪の萬七まで顏を揃へて、御檢屍を待つて居るのでした。
「内のは年はまだ若うおすけどな、こんなことには私がよう仕込んでますよって、おためにならんようには取り計らいまへんやろ」
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
彼の父は洋筆や万年筆でだらしなくられた言文一致の手紙などを、自分のから受け取る事は平生からあまり喜こんでいなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)