“せがれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
38.3%
31.3%
18.5%
7.7%
子息0.8%
息子0.5%
豚児0.5%
0.5%
愚息0.3%
嗣息0.3%
長男0.3%
一子0.2%
世息0.2%
0.2%
与重0.2%
小伜0.2%
養子0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京屋の家族は、の善太郎たった一人だけ。これは人間がだいぶ甘く、二十二にもなっているのに、禿ほどの役にも立ちません。
「内のは年はまだ若うおすけどな、こんなことには私がよう仕込んでますよって、おためにならんようには取り計らいまへんやろ」
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
謡曲が済む頃になると、其家が蓄音機を鳴らし出す。それがまた奈良丸の浪花節一式と来てゐるので、も溜つたものではない。
農林学校出身の、地主の欣之介は毎日朝早くから日の暮れるまで、作男の庄吉を相手に彼の整頓した農園の中で余念なく労働した。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
買取るに同じく漏居ければ十兵衞不審ながら立歸りしが其夜に至り子息庄左衞門逐電せし事を始て聞知り切齒を爲て怒り歎きしが夜中に書置
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
與平といふ親仁は、涅槃つたやうなで、ながら、佛造つたげて、だらけだけれどもしい、息子地藏眉の、くるしい、て、しさうにいて
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
老人越遊しこと年々なり。山水にあり、ゆゑに遊心々たれども事にさず。丁酉の晩夏豚児京水を啓行す。
此時 御領主より彦右ヱ門へ米五俵、浅右ヱ門へ米五俵し事をしあり。此魚沼郡大郡にて 会津侯御りの地なり。元文の昔も今も 御領内人民玉ふ事ぐべくむべし。
ラクダルは無言のまゝ手眞似其處らした。親父當前る、愚息はゴロリころんで蹈伸す、この臥轉第一上出來であつた。三人まゝ一言しない。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
彦右ヱ門并に馬一疋即死嗣息は半死半生、浅右ヱ門は父子即死、の下にれて死にいたらず。
上結東は廿九軒有)此村に市右エ門とて村中第一の大家あり、幸ひ案内者の知る人なれば宿をもとめたち入りて見るに、四に六間ほどの住居也、主人夫婦老人にて、長男は廿七八
も見ずして我家へり向ふの始末斯々してひけり夫婦は聞て先は安堵此事一子に云ん物と思へど未だ暇にしく咄しもせねば和郎まづ一子と此
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
管伴忠兵衞は歸ると其儘今日の始末なく話したりけるに主個夫婦はほゝ容貌りか心操も又其素生たる女で有らば言分なし追て𫥇人を立表向はすなれどげ且は一子にも安心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かくてもあられねばたる羽織をつゝみてかゝへ、世息布子て父の死骸をそへてながらにつゝみ脊負んとする時
○こゝに何村といふ所に家内の上下十人あまりの農人あり、主人は五十歳ばかりは四十にたらず、世息二十あまり娘は十八と十五也。いづれも孝子ありけり。
にありて、そはよき事也も行べし、実母へもを見せてよろこばせ夫婦して自慢せよといふ。
塩沢からざる村の農夫一人あり、篤実にしてふ。
印刷までしたプログラムから弁士の名まで削られたんでせう、普通の人で誰がソンな所へ行くものですか、先頃も与重が青年会のことで篠田様に何か叱かられて帰つて来ましてネ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
あんなにぽけな、瘠せた小伜であった浩が、自分より大きな、ガッシリと頼もしげな若者になっているのを、むさぼるように見ると
日は輝けり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
け是は/\何方より御越にや何處の御方樣にて候ひしか御病人なるや又御見舞に上りますのでござるかと思ひも寄らぬ挨拶に千太郎は長庵がむれにやと思ひけれども叮嚀によもやお見忘れはるまじ私しは伊勢屋五兵衞の養子千太郎にて候なり段々と小夜衣がとこに付いてはお骨折とも有難くじ奉つる夫れ付き今日は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)