“人民”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんみん80.0%
ナロード8.0%
おほみたから4.0%
ひと4.0%
ジンミン4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたりまえならば王位をつぐのが順序でありますから、人民は、なんといって、反対すまいものでもなかったのであります。
黒い塔 (新字新仮名) / 小川未明(著)
昔々モスクワ大公が金糸の刺繍でガワガワな袍の裾を引きずりながら、髯の長い人民を指揮してこしらえた中世紀的様式の城壁あるだ。
三月八日は女の日だ (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「天の下平ぎ、人民榮えなむ」とのりたまひて、すなはち意富多多泥古の命を、神主として、御諸山に、意富美和の大神の御前をき祭りたまひき。
ったな、貴方なんで打った、無暗に打って済むか、お役人が人民打殴って済むか、貴方では分らねえから、もっと鼻の下に髯の沢山生えた方にお目にかゝり、掛合いいたしやす
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
築造ルハ都下繁昌シテ人民知識所以器械
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)