“記号”のいろいろな読み方と例文
旧字:記號
読み方割合
しるし89.5%
アンブレエム5.3%
マーク5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葛籠に記号もござりませんから、只つまらないのは盲人宗悦で、娘二人はいかにも愁傷致しまして泣いて居る様子が憫然だと云って
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
湯船の中ではみんな裸で、おじさんにしても新聞屋の記号のついたジャンパーなどは着込んでいないから、本来の値打が輝いていたのであろう。
おじさんの話 (新字新仮名) / 小山清(著)