晶子詩篇全集あきこしへんぜんしゅう
美濃部民子夫人に献ず 美濃部民子様 わたくしは今年の秋の初に、少しの暇を得ましたので、明治卅三年から最近までに作りました自分の詩の草稿を整理し、其中から四百廿壱篇を撰んで此の一冊にまとめました。かうし …
作品に特徴的な語句
びん 牡蠣かき 棕櫚しゆろ 伯林ベルリン 浅葱あさぎ 眷属けんぞく いそ 近頃ちかごろ かば 気儘きまゝ 海月くらげ 陸奥みちのく 囲炉裏いろり 喘息ぜんそく 木蔭こかげ 芍薬しやくやく 夜寒よさむ きぬた 諸共もろとも 身悶みもだ かも あかね 其時そのとき 和泉いづみ 律義りちぎ たで くりや 是等これら 沙漠さばく ざか 銅鑼どら 血汐ちしほ 戦争いくさ 花片はなびら もみ しゞみ 蜜蜂みつばち 本意ほい 麦藁むぎわら 微風そよかぜ 三度みたび さかい 神楽坂かぐらざか はく 仄白ほのじろ 僭越せんえつ 巍然ぎぜん かす 藍色あゐいろ 緑青ろくしやう 弥生やよひ 日蔭ひかげ たう 黒檀こくたん 屈托くつたく 木魂こだま 透間すきま 一筋ひとすぢ 小雨こさめ ほだ 未曾有みぞう 生血いきち 一足いつそく 小唄こうた 小豆あづき さん 逗子づし 闖入者ちんにふしや かき 齟齬そご 年頃としごろ 杜鵑ほとゝぎす 衣桁いかう 闇夜やみよ をか 逆立さかだ 向日葵ひまはり 広東カントン 臙脂べに 花弁はなびら 駝鳥だてう 沮喪そさう 泥鰌どぢやう 五日いつか 狙撃そげき 発作ほつさ 寝覚ねざめ 小暗をぐら 三人さんにん 焼酎せうちう 口吟くちずさ 陋劣ろうれつ 拍子木ひやうしぎ 群青ぐんじやう 丁子ちやうじ くびき 苦患くげん 初夏はつなつ 杜若かきつばた 皐月さつき