晶子詩篇全集あきこしへんぜんしゅう
美濃部民子夫人に献ず 美濃部民子様 わたくしは今年の秋の初に、少しの暇を得ましたので、明治卅三年から最近までに作りました自分の詩の草稿を整理し、其中から四百廿壱篇を撰んで此の一冊にまとめました。かうしてまとめて置けば、他日わたくしの子どもた …
作品に特徴的な語句
そゝ おのゝ あが 流行モオド わなゝ 態度ゼスト あた ちやく うみ そなた 精神アアム くわん スウプ 唯一ゆひいつ きほひ たゝかひ かづ とゞま 接吻ベエゼ せち はお しげる いろ 接吻くちづ ふる せい ゑど おほよ ほり マツス かしづ 微笑びせう かへ はぢ 驟雨オラアジユ 可愛かは ひやゝ いつは かたへ へん ねがは かう ぎやう 眼鏡グラス うれへ をのゝ わなゝ ほろぼ おび ちさ おやぢ そら 絹布けんふ どほ がか がさね べる にほひ 歓喜くわんぎ ぞう ぐる やはら 前庭テラス わらひ かたみ ぢやう よそ ささ ちう 節奏ふしどり じろ なんぢ 颶風あらし がは 財嚢ぜにいれ 顛倒ひつくりかへ 年長とした 接吻せつぷん いづ はづ 入費にふひ 紅玉リユビイ ざう ほゝ 鐃鈸ねうばち 此様このやう ゑひ りよう うつ