“唯一”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆいいつ62.7%
ゆいつ16.9%
ゆゐいつ5.1%
ただひと3.4%
たゞひと2.5%
ゆいいち2.5%
ゆゐいち1.7%
たゞひとつ0.8%
ただいつ0.8%
たゞひとり0.8%
ゆいい0.8%
ゆひいつ0.8%
ゆゐつ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
言葉やさしく愛兒房々せる頭髮のやうなるをすりせて、餘念もなく物語る、これが夫人めには、唯一であらう。
うなると、唯一の頼みは先輩の三好さんだ。以来年賀状を一枚出したきりで具合が悪かったけれど、仕方がない。私は早速伺って
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
女王樣大小らず、ての困難解决する唯一方法御存じでした。『れのねよ!』と四邊ずにされました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
見る、それさえ不意な上、胴体は唯一ツでない。に鬣ががって、胴に胴が重なって、そ五、六があいだの背である。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
、夜ふけにこゝろし給へ。近く聞く時は唯一こゑあやしきに聞きなさるれど、遠くなりゆく声のいと哀れなるぞ
すゞろごと (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
十六の年から母の代稽古として弟子たちを教えていたが、容貌の好いのが唯一になって、男弟子もだいぶ入り込むようになった。
半七捕物帳:05 お化け師匠 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
我等の内にある一切のものはいやが上にも伸ばさねばならぬ。それが我等に与へられた、唯一成仏の道である。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
あゝ唯一の星によりてかれらの目に閃きつゝかくこれを飽かしむる三重の光よ、願はくはわが世の嵐を望み見よ 二八—三〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
この姿好く、心信かなるお静こそ、にも貫一がこの頃を慰むる唯一の者なりけれ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
わが答は是なり、我は一神唯一にて永遠にいまし、愛と願ひとをもてすべての天を動かしつゝ自ら動かざる神を信ず 一三〇—一三二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そのころリスボンは、欧州に於ける唯一つの国際都市の観があった。この国は英米側に立つのでもなく、日本、ドイツ、イタリヤの枢軸国側に加わっているのでもなく、完全な中立国であった。
暗号音盤事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
くしてめて日本經濟更正する。金解禁後經濟界する唯一活路である。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)